NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 受賞
  • 研究
2021.10.11 Mon UP

本学大学院生らが第65回日本薬学会関東支部大会において優秀口頭発表賞及び優秀ポスター発表賞を受賞

本学大学院生らが第65回日本薬学会関東支部大会において優秀口頭発表賞及び優秀ポスター発表賞を受賞しました。

<優秀口頭発表賞>

受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程2年 丸山 友輔
指導教員
薬学部 生命創薬科学科 教授 内海 文彰
受賞題目
プロスタグランジンE2受容体EP2は骨格筋幹細胞の維持に重要である
内容
骨格筋幹細胞の維持におけるプロスタグランジンE2受容体EP2の重要性について口頭発表し、審査の結果、優秀口頭発表賞(計21演題)に選出されました。
受賞日
2021年9月21日
受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程2年 竹中 洋平
指導教員
薬学部 薬学科 教授 月本 光俊
薬学部 薬学科 助教 北畠 和己
受賞題目
選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRIの抗炎症効果の解明
内容
選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRIの抗炎症効果の解明について口頭発表し、審査の結果、優秀口頭発表賞(計21演題)に選出されました(発表者:竹中 洋平、北畠 和己、田中 智博、青木 伸、月本 光俊)。
受賞日
同上
受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程1年 保谷 藍
指導教員
薬学部 薬学科 教授 月本 光俊
薬学部 薬学科 助教 北畠 和己
受賞題目
ヒト乳がん細胞に対する細胞外ヌクレオシド・ヌクレオチドによる細胞死誘導とそのメカニズムの解明
内容
ヒト乳がん細胞に対する細胞外ヌクレオシド・ヌクレオチドによる細胞死誘導とそのメカニズムの解明について口頭発表し、審査の結果、優秀口頭発表賞(計21演題)に選出されました(発表者:保谷 藍、北畠 和己、月本 光俊)。
受賞日
同上
受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程1年 高崎 凌
指導教員
薬学部 薬学科 教授 西川 元也
薬学部 薬学科 助教 草森 浩輔
受賞題目
高精度な抗がん剤スクリーニングを目的とした間質構造を有する膵癌細胞スフェロイドの開発
内容
高精度な抗がん剤スクリーニングを目的とした間質構造を有する膵癌細胞スフェロイドの開発について口頭発表し、審査の結果、優秀口頭発表賞(計21演題)に選出されました。
受賞日
同上
受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程1年 細木 悠眞
指導教員
薬学部 薬学科 教授 山下 親正
薬学部 薬学科 助教 秋田 智后
受賞題目
経鼻投与されたGLP-2誘導体は神経細胞を乗り継いで作用を発現する
内容
第65回日本薬学会関東支部大会の口頭発表においてGLP-2誘導体が経鼻投与後に速やかに三叉神経へ取り込まれ、橋の三叉神経主知覚核を経て、活性部分を維持したまま作用部位の海馬や視床下部へ移行することを発表した。側脳室内投与と同用量で薬効を発現したことから、臨床応用が期待できる三叉神経を活かした新しいNose-to-Brainシステムになり得る成果であり、研究目的・実験・結果・考察の統一性及び質疑応答の的確性が優れていたことが評価され、優秀発表賞に選出された。(発表者:細木悠眞、小田優介、山﨑隼、木村玲良、島村美槻、手塚綾乃、秋田智后、山下親正)
受賞日
同上
受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程1年 岡本 諒
指導教員
薬学部 薬学科 講師 佐藤 聡
受賞題目
ヒト神経膠芽腫細胞のテモゾロミド耐性機構の解明
内容
ヒト神経膠芽腫細胞のテモゾロミド耐性機構の解明について口頭発表し、審査の結果、優秀口頭発表賞(計21演題)に選出されました。
受賞日
同上

<優秀ポスター発表賞>

受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程2年 小山田 有沙
指導教員
薬学部 生命創薬科学科 教授 青木 伸
薬学部 生命創薬科学科 助教 田中 智博
受賞題目
カチオン性環状ペプチドを導入したイリジウム(III)錯体-ペプチドハイブリッドの設計・合成と生物活性評価
内容
シクロメタレート型イリジウム錯体は、優れた発光性と安定性を有する金属錯体です。本発表では、イリジウム錯体と環状構造をもつカチオン性ペプチドのハイブリッド化合物の設計と合成について報告し、その成果が評価されました。 (発表者:小山田 有沙、横井 健汰、吉村 弥生、青木 伸)
受賞日
2021年9月21日
受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程2年 石津 拓
指導教員
薬学部 薬学科 准教授 真野 泰成
受賞題目
骨肉腫患者を対象としたメトトレキサート大量療法における肝機能障害発現因子の検討
内容
骨肉腫患者を対象としたメトトレキサート大量療法における肝機能障害発現因子の検討についてポスター発表し、審査の結果、優秀ポスター発表賞(計22演題)に選出されました。
受賞日
同上
受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程1年 角田 千祐
指導教員
薬学部 生命創薬科学科 教授 後藤 了
受賞題目
ファモチジン存在下におけるジクロフェナクの溶解性に対するシクロデキストリン複合体形成の影響
内容
近年、複数の医薬品が同時に処方される多剤併用療法は様々な疾患を抱えている高齢者などにおいて少なくありません。しかしこのような多種類の薬物併用は、本来期待される医薬品の効果を減弱してしまうことが報告されています。実際に、以前我々はジクロフェナクはファモチジン存在下でイオン対複合体形成により溶解性が低下することを報告しています。そこで本研究では、このような複数の薬物の共存による予期せぬ薬効の低下に対してシクロデキストリンが役立てられるのではないかと考えました。本発表では、シクロデキストリン包接によりファモチジン存在下におけるジクロフェナクの溶解性がシクロデキストリン非包接状態に比べ、どのように変化するのかについて報告し、その成果が評価されました。
受賞日
同上
受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程1年 村江 真奈
指導教員
薬学部 薬学科 教授 野口 耕司
国立感染症研究所 細胞化学部 部長 深澤 征義
受賞題目
新型コロナウイルス侵入阻害剤の簡便なスクリーニング系構築
内容
新型コロナウイルス感染症の原因ウイルスSARS-CoV-2はクラス3の病原体であり、特別な設備のBSL3実験室でしか扱えないため、その治療薬探索研究は容易ではありません。SARS-CoV-2の表面抗原 スパイクタンパク質は、ウイルスの侵入阻害剤の創薬標的分子ですが、本研究では、スパイクタンパク質阻害剤を探索するため、通常の実験室レベルで実施可能な簡便なスクリーニング系を構築し、実際に幾つかの阻害活性物質を同定できました。本スクリーニング系の確立により、大規模化合物ライブラリーのスクリーニングが飛躍的に容易になると期待されます。
受賞日
同上

■第65回日本薬学会関東支部大会
http://shibu.pharm.or.jp/kanto/shibutaikai_65/

■公益社団法人 日本薬学会 関東支部
http://shibu.pharm.or.jp/kanto/

■内海教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?1c52

■月本研究室
月本教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?4D1D
北畠助教のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?7502

■西川研究室
研究室のページ:https://www.rs.tus.ac.jp/nishikawa_lab/
西川教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6E61
草森助教のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6EA5

■山下教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?64DC
■秋田助教のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6ed0

■青木研究室
研究室のページ:https://www.rs.noda.tus.ac.jp/aokilab/
青木教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?3F7D
田中助教のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6754

■後藤教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6654

■野口研究室
研究室のページ:https://tus-yakugaku-noguchi-lab.jimdosite.com/
野口教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?72C2

■真野准教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6B5D

■佐藤聡研究室
研究室のページ:https://pharmbiochemistrytus.com/
佐藤講師のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?69fe

本学大学院生らが第65回日本薬学会関東支部大会において優秀口頭発表賞及び優秀ポスター発表賞を受賞
細木さん
本学大学院生らが第65回日本薬学会関東支部大会において優秀口頭発表賞及び優秀ポスター発表賞を受賞