教員紹介

ABOUT TUS

ゴトウ サトル

後藤 了教授

GOTO Satoru

東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科

後藤研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
TEL : 04-7121-3661 (直通)
FAX : 04-7121-3661
ホームページURL
出身大学
1988年  徳島大学  薬学部  薬学科  卒業
出身大学院
1993年  徳島大学  薬学研究科  薬品科学  博士課程 修了
取得学位
徳島大学  博士(薬学)  課程
研究経歴
研究職歴 1993-2005 徳島大学薬学部薬学科 助手(薬品分析化学研究室)
2006-2011 国際医療福祉大学薬学部薬学科 准教授(薬品物理化学)
201204- 東京理科大学薬学部生命創薬科学科 教授(物理化学研究室)
性別
生年月
研究キーワード 定量的構造活性相関
研究分野
物理系薬学 (定量的構造活性相関, 位相幾何学)
研究課題
受賞
学会活動
2018年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
日本油化学会 部会長
2016年 1月 ~ 2016年 12月
日本油化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2015年 1月 ~ 2015年 12月
日本油化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2014年 1月 ~ 2014年 12月
日本油化学会 学会誌及び論文誌の編集者
2013年 1月 ~ 2013年 12月
日本油化学会 学会誌及び論文誌の編集者
客員教授
専攻分野 薬品物理化学
研究分野 創薬資源情報学
有機化学では分子は亀の甲で表します。量子化学では原子核と電子雲の集合体です。けれども、幾何学的な図形なのだと思って構造式を見ていると、医薬品分子がまるで器械体操をしているかのようにダイナミックに動きまわる様子が見えてくるのです。その動きがあるからこそ、生物活性があり、そして医薬として治療効果があるのかもしれません。コンピュータやNMRやX線結晶解析でそんな研究に取り組んでいます。
研究テーマ
  1. アミロイド染色性色素の溶液における構造形成とこれに伴う疎水性の変動

  2. 局所麻酔剤とNSAIDsの混合による共融混合物形成とその溶解性改善効果

  3. 人工細胞膜リポソームを用いた薬物の生体膜透過性モデルの確立