東京理科大学
イノベーティブ博士
人材育成プロジェクト
ACADEMICS

「イノベーティブ博士人材育成プロジェクト~壁を越えて「価値」「アイデア」を創造~」は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が実施する「次世代研究者挑戦的研究プログラム」の採択を受けて、東京理科大学が実施するものです。

本プロジェクトでは、博士後期課程及び博士課程の学生を対象に、研究分野の探究に特化した能力に加え、多様な人々と積極的に交わり異なる考えや能力をもつ人々と互いに長所を認め合い、研究分野の壁をも乗り越えて共創する力を有し、社会のニーズ等を踏まえて新たな「価値」「アイデア」を創造し、イノベーションを引き起こす原動力となる人材を育成します。

採択者には、生活費相当額・研究費の支給に加え、キャリア開発・育成コンテンツ等による支援をします。

支援内容

(1) 生活費相当額:年間234万円(2021年度は月割計算により支給)
(2) 研究費:年間6万円(2021年度は月割計算により支給)
(3) その他の経済的支援

申請内容等を審査の上、論文投稿支援費、海外大学・海外研究機関への渡航費、国際学会発表時の旅費、インターンシップへの参加費等の支援を行います。

(4) キャリア開発・育成コンテンツの支援

新たな「価値」「アイデア」を創造し、イノベーションを引き起こす原動力となる人材を養成するため、以下のキャリア開発・育成コンテンツを支援します。(参加が必須の事項と任意の事項があります)
 ・イノベーション基本理論講座(2022年度開講予定)
 ・データサイエンス講座(2022年度開講予定)
 ・分野横断的な研究発表会(年1回)
 ・海外派遣
 ・教育コンテンツの提供・外部連携

主な申請資格 
※詳細は各年度の募集要項を参照

(2021年度)
東京理科大学大学院の博士後期課程・博士課程に在籍する1、2年生

(2022・2023年度)
東京理科大学大学院の博士後期課程・博士課程に在籍する1年生

※以下に該当する者は申請できません。

  • 独立行政法人日本学術振興機構の特別研究員(DC)
  • 文部科学省「科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業」(本学における「東京理科大学マテリアル人材フェローシップ制度」)の採択学生
  • 所属する企業等から、生活費相当額として十分な水準(240万円/年以上)で、給与・役員報酬等の安定的な収入を得ていると認められる学生
  • 国費外国人留学生制度による支援を受ける留学生、本国からの奨学金等の支援を受ける留学生
  • 休学中の学生

支援期間

支援期間は、博士後期課程在学中の標準修業年限が上限です。
 ※博士後期課程:入学3年目の3月まで
  博士課程  :入学4年目の3月まで となる。

  • 研究活動や義務等の履行状況等により、期間中であっても支援を停止することがあります。
  • 休学は支援を停止します。
  • 出産・育児等のライフイベントを経た場合については、個別の事情に応じ、支援期間の中断・延長等も可能とします。

2021年在学生対象募集

対象
2021年11月1日現在、本学の博士後期課程・博士課程に在籍する1、2年生
採用予定人数
1年生 10名
2年生  5名
申請方法・期日等の詳細
CLASS掲示参照
説明会
申請希望者対象の説明会を開催します
2021年12月7日(火)15:00~ (Zoom)
※CLASS掲示参照
※説明会のアーカイヴをCLASS上に公開

お問い合わせ先

学務部学務課 次世代プログラム担当
E-mail:jisedai (アットマーク)admin.tus.ac.jp