教養教育研究院 ACADEMICS

教養教育研究院の理念・ミッション

教養教育研究院は、本学における「教養教育の日標」の実現のために、教養と専門が有機的に連携し並列した教育を展開することで、優れた専門性を補完する能力を学生に等しく獲得させ、教養と科学と技術を一体と捉え、複雑化・多様化する社会で活躍できる人材の育成に寄与することを日指す。そのために、本学における教養教育の在 り方の検討、教員の専門分野に係る研究の推進、教育課程の検討 ・実施、教育方法の開発、新たな教育プログラムの検討 ・導入等を実施することにより、本学の教養教育・研究の持続的発展及び質の向上に資することとする。

院長挨拶

東京理科大学
教養教育研究院長
愼 蒼健

今年度2021年4月から、東京理科大学では教養の新組織「教養教育研究院」を立ち上げます。
いわゆる理系の大学、つまり科学技術を旨とする大学のほとんどは、教養を入学したての1年生やようやく慣れてきた2年生に履修させて満足してきました。世間で教養教育を「パンキョウ(「一般教養」の俗語)」と揶揄を込めて呼ぶのにも一定の理由があります。誤解を恐れずに言えば「何のために学ぶのか分からない」ということだったと思われます。
ところが、著名な研究者のみならず社会の責任ある立場にある人たちから、教養の重要性を口にする機会が増えてきました。社会の問題が複雑化多様化する現代において教養が必要なのだということです。そこでの「教養」に統一した意味があるということではないでしょうが、それでも専門だけを学んできただけではこの現代社会においては通用しない、という危機感は伝わってきます。
教養は「専門のために」あるわけではありません。しかし、専門教育を受けてきた人たちにとっては「知の伴走者」として必要なものだと、私は考えています。「社会に出る」と大学を卒業するときに言いますが、市民として社会に参加するのにもそれにふさわしい教養が様々に必要です。そしてグローバル化する世界で他者を理解するのにも、あるいは自ら問いをたて考え答えていくのにも専門とは異なる知が求められるでしょう。科学や技術を専門に学ぶ本学にあって、時代の要請に応える組織が作られた次第です。
この度新組織を立ち上げるに当たり、これまで以上に教養教育を充実するべく、2022年度から高学年で教養を履修する仕組みをスタートさせます。
その他、新しい授業、そして講演会をはじめとして様々な企画も今後展開していくつもりです。教養の教育、そして研究環境を改善し、社会にもさらに情報発信していくようにいたします。これからの教養教育研究院に大いに期待していただき、そして応援していただけると幸いです。

スクロールできます

教養教育の目標

本学における教養教育は、専門教育と互いに補完し合いながら、体系的・段階的に行うことによって、課題が複雑化・多様化し、グローバル化した現代社会の中にあっても、優れた専門性を支える基盤となる以下の能力を、学生に共通に身に付けさせることを目標とします。

  1. 専門分野の枠を超えて広い視野で多元的・複眼的に自然・人間・社会を俯瞰できる能力
  2. 多様な文化・言語を理解し協働するための国際性を身に付けるとともに、グローバル化した社会の中で、多様な価値観を持つ人材とコミュニケーションを取れる能力
  3. 課題を自ら発見し、主体的に考え、解決に取り組むための論理的・批判的思考力
  4. 正解のない課題に対しても積極的に挑むための判断力・行動力
  5. 社会の激しい変化の中でも自らを律し、自らの位置付けやキャリア形成を確立するとともに、心身ともに自己を管理する能力

科目の分類

本学における一般教養科目は、科目の種類(分野)や学ぶ内容を、わかりやすく示すため、次の5つの科目区分に分類しています。

科目区分

  1. 自然を学ぶ科目群
  2. 人間と社会を学ぶ科目群
  3. キャリア形成を学ぶ科目群
  4. 外国語を学ぶ科目群
  5. 領域を超えて学ぶ科目群

一般教養科目

所属教員一覧

オリジナルHP