東京理科大学 宇宙教育プログラム

東京理科大学「宇宙教育プログラム」は、将来、理科教員・研究者・技術者として、宇宙科学技術の魅力を広く社会に発信できる人材を育成することを目的として実施します。

東京理科大学 宇宙教育プログラム
東京理科大学 宇宙教育プログラム

国際的に活躍できる次世代宇宙科学技術者の人的基盤の裾野拡大と構築を目的として、「講義」「実習」「体験」「講演」の4つのプログラムにおいて、最先端の科学技術による本物体験を通じて宇宙科学技術を理解し、教育現場にその魅力を広く発信して、興味の醸成を促すことのできる理科教員と、宇宙開発・宇宙産業の将来を担うことのできる研究者、技術者を養成するものです。
向井 千秋 特任副学長(宇宙飛行士)をはじめ、東京理科大学所属の宇宙関連研究者である教員の講義、実習、宇宙関連機関、産業との連携による施設見学や体験、現代の最先端宇宙科学技術や宇宙開発事情を研究・開発されている現役研究者・技術者による講演会と交流会等、すべてが本物で最先端である内容で実施します。

Site Contents

Information

お知らせ 2021/06/17

過年度受講生が宇宙教育事業の会社「宇宙の学び舎seed」を立…

本プログラムを受講し、その後メンターとして活躍していた学生が、宇宙教育事業の会社「株式会社宇宙の学び舎seed」を立ち上げました。 宇宙を通じて多くの経験や学びを得た学生たちが、次の世代を担う子どもたちやこれからを一緒に創る学生たちに、自…

実施報告 2021/03/19

【2020年度宇宙教育プログラム 最終講演会及び閉講式を実施…

3月14日(日)は、今年度最後のプログラムとして、藤田修教授(北海道大学 工学研究院)による講演 「微小重力場での燃焼現象と宇宙火災安全性の確保」、Mr. Garvey MacIntosh(NASA Asia)による講演“Explore M…

微小重力実験, 聴講者募集 2021/03/16

【聴講者募集】宇宙教育プログラム微小重力実験報告会配信希望者…

 受講生がアクティブ・ラーニング形式のプログラムとして実施した微小重力実験(遠隔落下実験)の報告会について聴講者を募集します。今回の聴講は、オンデマンド配信とし、期間を限定し希望者へ公開いたしますので、ご都合に合わせて好きなタイミングでご覧…

News&Topics一覧へ 

宇宙教育教材 2021/03/31

【動画教材】重力であわの動きはどう変わる?

重力であわの動きはどう変わる? 〇対象:小学生 〇テーマ:重力 〇時間:4分42秒 〇内容:水の泡に着目した微小重力実験の小学生向け解説動画 〇作成者:2020年度受講生(μ3班「キャンパスライフを取り戻せ」) 動画URL:…

宇宙教育教材 2020/04/01

【動画教材】<高校物理>原子分野における導入教材「星の一生」

<高校物理>原子分野における導入教材「星の一生」 〇対象:高等学校 〇教科(科目):理科(物理) 〇単元:原子 〇時間:3分 〇内容:宇宙の始まりから核融合反応に触れ、最後は核エネルギーについて話し合うことに繋げる …

微小重力落下実験 2020/03/31

微小重力下での磁力を用いた物体の静止

微小重力下での磁力を用いた物体の静止 〇実験グループ名称:得多仁羽夢(えたにはむ)【2019-P6グループ】 〇実験キーワード:磁力、物体の静止 〇実験目的: 「人類が旅行感覚で宇宙に行ける」未来を目指すために新たな輸送手段として磁…

宇宙教育マテリアル紹介一覧へ