留学生支援 TUS LIFE

【重要】 安全保障輸出管理について

安全保障輸出管理(Export Control)とは、国際的な平和と安全の維持を目的として、大量破壊兵器(核兵器・化学兵器・生物兵器・ミサイル)の開発・製造・使用・貯蔵や通常兵器の過剰な蓄積をしている懸念のある国家・テロリスト等に、武器や軍事転用可能な高度な技術・貨物が渡ることを防ぐための管理です。
国際協調のもと世界の各国が法律・法制度(日本では「外国為替及び外国貿易法」等)を定めて管理を行っています。

本学は、地球の持続的な発展と人類・世界の繁栄を目標とし「良心(Conscience)に基づいた科学(Science)」を重視した教育と研究を理念としています。 先進的な技術が国際的な研究活動を通じて流出し、研究者の意図に反して兵器開発等に用いられる事態を防ぎ、生み出した知識が人類共有の財産として有意義に活用されることを願って、関係法令を遵守して安全保障輸出管理に取り組んでいます。

本学の一員である外国人留学生の皆さんにも、安全保障輸出管理について理解していただき、平和を愛し他の人々を尊重する自らの高い倫理観を守り、自由にかつ安心して研究活動を行っていくことを期待しています。

ついては、次のことについて適宜、確認・対応を厳格に行ってください。

<注意点>

  • まずは、安全保障輸出管理の制度・手続については、「輸出管理ハンドブック」を必ず読んでください。
    ※【重要】外国為替及び外国貿易法その他の関係法令を違反した者に対しては、懲役・罰金刑が科されます。
  • 一時的に帰国する時には、各地区学生支援課に必ず「出国届(一時離日)」を提出してださい。
  • 卒業・修了後の帰国時について、次のことに十分注意してください。

    • 卒業・修了後、次のいずれかに該当する場合であって、日本国政府が定める外国為替及び外国貿易法による規制対象となるときは、関係法令に従い所定の手続が必要となります。

      1. 大学から提供を受けた研究上の技術情報を外国において提供し、又は非居住者若しくは非居住者の影響を強く受けている居住者(「特定類型」に該当する者※)に対して提供しようとする場合
      2. 大学における研究上の使用機器若しくは使用材料又は大学での研究の結果得られた有体物を外国に輸出(海外へ送付又は持出し等)しようとする場合
    • 大学から提供を受けた研究上の技術情報を、大量破壊兵器等(核兵器、化学兵器、生物兵器、ロケット、無人航空機等)、通常兵器又はこれらに使用される材料・部品・製品の開発、製造、使用又は貯蔵に用いず、当該技術情報の使用は民生用途に限ります。
      ※ 「特定類型」については、「経産省からのご協⼒のお願い『みなし輸出』管理の明確化について(経済産業省webページ)」の4頁を参照してください。