理学部第二部 Faculty of Science Division Ⅱ

建学の精神を受け継ぎ
科学技術の礎となる理学を追究

理学部第二部は、建学以来の精神である「理学の普及」と真に実力を付けた学生のみを卒業させるという「実力主義」の教育方針を基本理念としています。140年に及ぶ本学の歴史は、1881年に前身である「東京物理学講習所」で行った夜間授業の教育からスタートしました。それは、日本で唯一の夜間理学部である本学部の歴史そのものであり、その精神は今日まで引き継がれています。国運発展と国際貢献を目標とする現在の日本において、ますます重要な位置を占めるのが、科学技術の基礎となる理学。「理学の普及」の精神は、現在でもその意味を失っていません。

概要図

DEPARTMENT 学科

MESSAGE 学部長メッセージ

日本で唯一の夜間理学部。多様な学生が集い、切磋琢磨できる環境。

理学部第二部は、日本でただ一つの夜間理学部です。授業の内容は第一部と同レベルであり、異なるのは授業が夕方から夜間にかけて行われる点のみ。研究の最先端でも活躍している第二部専任の教員が、授業を担当します。従って、き細かな教育が可能となり、学生と教員との一体感が醸成されています。また、第二部のキャンパスは一般的な夜間学部のイメージとは異なり、とても明るく活気に満ちています。通常の学生に加え、昼間は企業で製品開発など に携わる社会人、会社を経営するシニア層など、世 代も価値観も異なる学生が大勢集い、お互いに刺激 し合っています。  高校を卒業した後、就職や進学などでブランクが ある方もいるため、基礎的な内容を手厚くし、高校の 授業レベルと大学のレベルとの接続を意識しながら、授業を行っています。最近では消防士や自衛官とい った、日々の業務に理学の知識が求められる人々も入 学しています。彼らからは、真剣さや強い気合が感 じられます。さらに中学や高校の教員を志望する学 生も非常に多く、採用試験に関する情報交換も活発 です。さまざまな人が 集っていることが理学 部第二部のパワーの源 です。

学部長写真
理学部第二部 学部長佐々木 健夫
プロフィール