薬学研究科 Graduate School of Pharmaceutical Sciences

多角的な視点と専門的知識で
薬学の発展高度医療を支える

本学薬学部の薬学科(6年制)と生命創薬科学科(4年制)の上位に位置する大学院には、それぞれ薬学専攻博士課程(4年制)と、薬科学専攻修士課程(2年制)および同専攻博士後期課程(3年制)が設置されています。これらの研究科の目的は、学部教育の上に立って広い視野で高度な専門的知識を培い、薬学関連領域をさらに発展させるための研究・教育を行うことによって、高度化する医療を医薬品の観点から支える優れた能力をもった人財を育成し、人類の健康と福祉に貢献することにあります。 薬学専攻で育成する人財像は、高度化する医療・薬物治療、特に多様化する医薬品モダリティーに対応する薬剤師に加え、医薬品承認審査、公衆衛生等の医療行政従事者、薬学教育に携わる教員等、多様です。一方の薬科学専攻では、基礎薬学から先端的創薬科学まで多様な薬科学関連領域の知識と技能を習得した上で、革新的かつ国際的な医薬品の創出を担う研究者・技術者・教育者などの人財育成を主な目的としています。

概要図

MAJOR 専攻