NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 受賞
2021.09.27 Mon UP

本学教員らによる論文が英国王立化学会発刊の『Nanoscale』のInside Back Coverに選出

本学教員らによる論文が英国王立化学会発刊の『Nanoscale』のInside Back Coverに選出されました。

選出者名
理学部第一部 応用化学科 教授 根岸 雄一
理学部第一部 応用化学科 助教 川脇 徳久
論文タイトル
Simple and high-yield preparation of carbon-black-supported ∼1 nm platinum nanoclusters and their oxygen reduction reactivity
内容
固体高分子型燃料電池(PEFC)は、小型軽量で原理的に高出力密度化や低コスト化が可能であるため、家庭用据え置き用途、燃料電池自動車や移動・携帯用電源として大きな注目を集めています。しかしながら、これらを広範に普及させるためには、一層の低コスト化が不可欠です。根岸教授らは、「大気中での簡便な操作」、「狭い粒径分布」、及び「高い収率」を同時に実現した、微細な白金クラスター合成法を確立すること、さらにそれらを用いて高機能なORR電極触媒を作製することに成功しました。これらの結果は、PEFCの高機能化に対する明確な設計指針に繋がると期待され、『Nanoscale』のInside Back Coverに選出されました。
掲載カバー
『Nanoscale』誌 掲載裏表紙
掲載論文
https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2021/nr/d1nr04202e
受賞日
2021年9月18日

■英国王立化学会『Nanoscale』誌
https://www.rsc.org/journals-books-databases/about-journals/nanoscale/

■根岸研究室
研究室のページ:https://www.rs.kagu.tus.ac.jp/negishi/
根岸教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?5825
川脇助教のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?7118

本学教員らによる論文が英国王立化学会発刊の『Nanoscale』のInside Back Coverに選出