NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • イベント
2022.06.23 Thu UP

第4回 東京理科大学・野田市・流山市 包括連携協定講演会の開催について(開催報告 6/11)

掲載:2022年6月20日
更新:2022年6月23日

2022年6月11日(土)に、本学野田キャンパス7号館6階講堂において、野田市・流山市との包括連携協定に基づく第4回の講演会が開催されました。

第3回に続き、感染対策の観点から来場者数を制限し、オンライン(Zoom)の同時配信で、本学理工学部建築学科 宮津 裕次先生が「地震に強い安心・安全な木造住宅」をテーマに講演しました。

当日の講演会は安部 良名誉教授が司会進行役となり講演者の宮津准教授を紹介し、講演が始まりました。
宮津准教授は大学時に建築学を専攻され、現在は本学において建築構造、木造、耐震、免震、制振に関する研究を行っています。

第4回 東京理科大学・野田市・流山市 包括連携協定講演会
講師の宮津 裕次准教授
第4回 東京理科大学・野田市・流山市 包括連携協定講演会
宮津 裕次准教授の講演

本セミナーでは「地震に強い木造住宅を建てるための基礎知識」と「より高い安全性を実現するための耐震技術」について、最新の研究内容に基づいた説明が行われました。「日本は地震から逃れられない」という環境のもと、地震に強い木造住宅のポイントとして「壁の量」、「壁の配置」、「部材をつなぐ金物」等を提示しながら、「より安全な耐震の仕組み」に関する説明がありました。

講演後は実験棟に移動し、地震シミュレーションのための実験機器の見学も行われました。参加された方からも活発な質問と意見交換が行われ、講演会は盛況のうちに幕を閉じました。

※講演会の様子はこちらより動画をご覧いただけます。

第4回 東京理科大学・野田市・流山市 包括連携協定講演会
実験棟の様子(宮津 裕次准教授)
第4回 東京理科大学・野田市・流山市 包括連携協定講演会
実験棟の様子(参加者)