NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 受賞
2021.06.23 Wed UP

本学大学院生が第28回クロマトグラフィーシンポジウムにおいて優秀発表賞を受賞

本学大学院生が第28回クロマトグラフィーシンポジウムにおいて優秀発表賞を受賞しました。

受賞者
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程1年 髙田 一成
指導教員
薬学部 薬学科 教授 東 達也
薬学部 薬学科 助教 楠瀬 翔一
受賞題目
尿中の側鎖ジヒドロキシ型ビタミンD3代謝物のLC/ESI-MS/MS分析法の開発
内容
髙田一成君が第28回クロマトグラフィーシンポジウム(2021年6月10日〜11日)において研究成果を発表し、研究内容、プレゼン方法等の審査項目で高評価され、優秀発表賞を受賞した。本研究は、尿中のビタミンD代謝物の量的情報を正確に得る手法の開発に関するもので、ビタミンD欠乏症の診断やビタミンD代謝の理解に役立つと期待される。
受賞日
2021年6月11日

■クロマトグラフィー科学会
https://chromsoc.jp/

■第28回クロマトグラフィーシンポジウム
https://www.chem.tokushima-u.ac.jp/B1/cs28/

■優秀発表賞 受賞者一覧
https://www.chem.tokushima-u.ac.jp/B1/cs28/presentation.html#award_winner

■東教授のページ: https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?64DD
■楠瀬助教のページ: https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?72e5

本学大学院生が第28回クロマトグラフィーシンポジウムにおいて優秀発表賞を受賞
写真:髙田さん