NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 受賞
2021.05.10 Mon UP

本学大学院生が日本化学会第101春季年会(2021)にて学生講演賞を受賞

本学大学院生が日本化学会第101春季年会(2021)にて学生講演賞を受賞しました。

受賞者
工学研究科 工業化学専攻 博士後期課程1年 長川 遥輝
指導教員
工学部 工業化学科 准教授 永田 衞男
受賞題目
可視光全域に吸収を持つ複合光触媒を用いたリグノセルロース系バイオマスの光改質による高効率な水素生成
内容
日本化学会が主催する第101春季年会において、博士後期課程に在籍する学生会員の一般研究発表「B 講演」(講演15分、討論4分、英語での口頭発表)を対象に選考が行われ、発表内容、プレゼンテーション、質疑応答などにおいて優れた講演で、講演者の今後の一層の研究活動発展の可能性を有すると期待されるものとして「学生講演賞」が授与された。
受賞日
2021年4月28日

*所属/学年は発表時(2020年度)のものです。

■日本化学会第101春季年会(2021)
https://confit.atlas.jp/guide/event/csj101st/top?lang=ja

■「日本化学会第101春季年会(2021)学生講演賞」受賞者一覧
https://www.csj.jp/nenkai/101haru/data/vol74-06.pdf

■永田研究室
研究室のページ:https://www.rs.tus.ac.jp/nagatalab/
永田准教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6b0c

本学大学院生が日本化学会第101春季年会(2021)にて学生講演賞を受賞