2020.11.20 Friday

本学教員が国際学会「2020 IEEE PELS Workshop on Emerging Technologies: Wireless Power Transfer」でWireless Power Transfer Best Paper Awardを受賞

本学教員が国際学会「2020 IEEE PELS Workshop on Emerging Technologies: Wireless Power Transfer」において、Wireless Power Transfer Best Paper Awardを受賞しました。

受賞者 理工学部 電気電子情報工学科 助教 太田 涼介
受賞題目 Boundary of Soft-Switching for Efficient Operation of Bi-Directional IPT Systems
内容 アメリカの電気学会IEEEが主催するワイヤレス給電の国際学会「2020 IEEE PELS Workshop on Emerging Technologies: Wireless Power Transfer」にて、双方向にワイヤレスで電力を送れる電力変換回路のソフトスイッチング技術及び高効率化に関する内容で、Best Paper Awardを受賞した。
また、本成果は、JSPS科研「JP18J12166」の助成を受け、ニュージーランドのオークランド大学との共同研究で得られたものである。
受賞日 2020年11月17日

2020 IEEE PELS Workshop on Emerging Technologies: Wireless Power Transfer
公式ページ:http://2020wow.org/

太田助教
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?72dd
研究室のページ:https://www.rs.tus.ac.jp/nhoshi/

本学教員が国際学会「2020 IEEE PELS Workshop on Emerging Technologies: Wireless Power Transfer」において、Wireless Power Transfer Best Paper Awardを受賞

ページのトップへ