2019.08.26 Monday

本学大学院生がThe 37th ISBS 2019において、New Investigator Award Poster 1st Place を受賞

本学大学院生が国際会議 The 37th International Society of Biomechanics in Sports (ISBS 2019) において、New Investigator Award Poster 1st Place を受賞しました。

理工学研究科 機械工学専攻 修士課程 2年 坂田 浩之
理工学部 機械工学科 教授 竹村 裕
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 保原 浩明
Braking and propulsive impulses across a range of running speeds in unilateral transfemoral amputees
The 37th International Society of Biomechanics in Sportsにおける講演が優れた研究内容および発表であると認められたため。
2019年7月25日

International Society of Biomechanics in Sports(ISBS)とは
スポーツ・バイオメカニクスを研究領域とした研究協会。
当該協会が主催する国際会議(The 37th International Society of Biomechanics in Sports (ISBS 2019))が本年度はアメリカ、オハイオ州で開催され、世界20ヵ国を超える国と地域から数多くの著名な研究者が最先端の研究成果を発表しました。


The 37th International Society of Biomechanics in Sports (ISBS 2019) のページ: https://isbs.org/isbs-conference
International Society of Biomechanics in Sportsのページ: https://www.vicon.com/


竹村研究室のページ
大学公式ページ: https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?484a
研究室のページ: https://www.rs.noda.tus.ac.jp/brlab/

産業技術総合研究所のページ:https://www.aist.go.jp/

本学大学院生がThe 37th ISBS 2019において、New Investigator Award Poster 1st Place を受賞

ページのトップへ