NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 受賞
  • 研究
2022.03.23 Wed UP

本学大学院生が第35回数値流体力学シンポジウムにおいて若手優秀講演表彰を受賞

本学大学院生が第35回数値流体力学シンポジウムにおいて若手優秀講演表彰を受賞しました。

受賞者
理工学研究科 機械工学専攻 博士課程1年 竹田 一貴
指導教員
理工学部 機械工学科 准教授 塚原 隆裕
受賞題目
乱流パフの時空間欠性に関するDomany-Kinzelモデルによる再現の試み
内容
一般社団法人日本流体力学が主催する第35回数値流体力学シンポジウム(オンライン開催)において若手優秀講演表彰を受賞した。表彰対象は、当該シンポジウムで筆頭著者として講演を行い、2021年4月1日時点で30歳未満の学生・社会人等であり、審査により選ばれた15名の受賞者の内の一人となった。
本研究は、流体流れの層流―乱流の亜臨界遷移に見る普遍性の解明を目指した基礎研究であり、同心二重円筒間の環状流路を流れる際の乱流の局在化(乱流パフ)を直接数値ミュレーションにより再現し、乱流パフの時空間間欠性を統計力学の観点から解明を試みたものである。
受賞日
2021年12月23日

■ 第35回数値流体力学シンポジウム 若手優秀講演表彰のページ
https://www2.nagare.or.jp/cfd/cfd35/award.html

■塚原研究室
研究室のページ:https://www.rs.tus.ac.jp/~t2lab/index-j.html
塚原准教授のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?46bf

本学大学院生が第35回数値流体力学シンポジウムにおいて若手優秀講演表彰を受賞