2019.11.26 Tuesday

駐日モルドバ共和国大使が本学を来訪

2019年11月22日午後、駐日モルドバ共和国のヴァシレ・ブマコフ大使が松本洋一郎学長を表敬訪問しました。
本学からは岡村総一郎国際化推進担当副学長、渡部和男国際化推進センター長、工学部第二部電気工学科安藤靜敏教授が同席し、本学の紹介を行ったのち、和やかな雰囲気の中で意見交換が行われました。
ブマコフ大使は教職歴が長く、モルドバ政府の農業食品工業大臣のポストも経験しており、モルドバ産のワインについても話題になりました。

本学では安藤教授が中心となって、モルドバ工科大学と学術交流覚書を締結しており、共同研究を行うほか様々な交流を進めています。

ページのトップへ