2019.10.31 Thursday

本学大学院生が土木学会の海岸工学論文奨励賞を受賞

本学大学院生が土木学会の海岸工学論文奨励賞を受賞しました。

受賞者 理工学研究科 土木工学専攻 修士課程1年 上野 瑞樹
指導教員 理工学部 土木工学科 教授 二瓶 泰雄
理工学部 土木工学科 助教 片岡 智哉
受賞題目 地震・津波複合災害に対するアーマレビー型海岸堤防の耐災害性に関する基礎的検討
受賞内容 理工学部土木工学科水理研究室修士課程1年上野 瑞樹さんが、標記の論文でその研究成果が評価され、海岸工学論文奨励賞を受賞しました。2019年10月24日に土木学会海岸工学講演会に城山ホテル鹿児島(鹿児島県鹿児島市)おいて表彰式が行われました。本研究は、地震・津波複合災害に対するアーマーレビー型海岸堤防の耐災害性を検討するため、水理研究室所有の地震と津波の複合災害水路を用いて基礎的検討を行い、地震で液状化した堤防に津波が来襲することで、堤防の崩壊形態が異なることを明らかにしました。
受賞日 2019年10月24日

土木学会海岸工学委員会のページ:http://www.coastal.jp/ja/index.php?FrontPage

水理研究室
二瓶教授のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?33b9
片岡助教のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6de9
研究室のページ:https://www.rs.noda.tus.ac.jp/hydrolab/

本学大学院生が土木学会において土木学会海岸工学論文奨励賞を受賞_01
授賞式の様子
本学大学院生が土木学会において土木学会海岸工学論文奨励賞を受賞_02
上野さん

ページのトップへ