NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 受賞
2019.10.18 Fri UP

本学教員が日本応用数理学会において、日本応用数理学会2019年度 論文賞(ノート部門)を受賞

本学教員が日本応用数理学会において、日本応用数理学会2019年度 論文賞(ノート部門)を受賞しました。

受賞者 理学部第一部 応用数学科 教授 石渡 恵美子
受賞題目 CGS系統の反復法に対する近似解精度の改善に向けたスムージング技術の再考
受賞内容 2019年9月3日~5日まで東京大学で開催された日本応用数理学会2019年度年会において、論文賞(ノート部門)を受賞し、4日午後に行われた表彰式の場で表彰された。筆頭著者は2018年3月に石渡研修士課程を修了した米山涼介さんで、当学科の嘱託助教を以前に勤めていた相原研輔氏(現在、東京都市大学)と石渡との共同研究である。相原氏の的確なアドバイスもあって、丸め誤差解析により従来法の問題点を明らかにした上で,近似解の精度を大幅に改善する新しいスムージング手法の提案に成功した。
受賞日 2019年9月4日

日本応用数理学会2019年度 論文賞のページ
https://www2.jsiam.org/ronbun-bestauthor2019

石渡研究室のページ
大学公式ページ: https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1587