2019.05.10 Friday

本学教員が、中央教育審議会初等中等教育分科会臨時委員に就任

この度、東京理科大学教育支援機構教職教育センターならびに理学研究科科学教育専攻の八並 光俊教授が、文部科学省の第10期中央教育審議会初等中等教育分科会臨時委員に就任されました。第9期にひきつづき2期目の委員となります。

初等中等教育分科会は、小学校、中学校、高等学校など初等中等教育の振興や教職員の養成や資質向上に関する重要事項の調査審議を行います。また、臨時委員は、「当該特別の事項に関し学識経験のある者のうちから、文部科学大臣が任命する。」もので、八並教授は、生徒指導の専門家(日本生徒指導学会副会長)として御参加されています。任期は、2019年4月1日から2021年の2年間となります。

20170418001.png

ページのトップへ