2019.04.18 Thursday

本学教員の研究が東芝デバイス&ストレージ株式会社学術奨励制度に採択

本学教員の研究が東芝デバイス&ストレージ株式会社学術奨励制度に採択されました。

研究推進機構 総合研究院 講師 野島 雅
ソフトマテリアル界面評価のための水クラスターイオンビームのサイズ最適化に関する研究
この研究は、国内の学術研究機関に所属する研究者を対象に、東芝デバイス&ストレージ株式会社より2018年度から開始した学術奨励制度として採択されました。研究内容は、真空チャンバ内にて⽔クラスターイオンを発⽣するための装置製作を⾏います。試作したイオン源を本学・野島研究室にて開発してきた新型質量分離器に導⼊することによって、⽔クラスターのサイズ選択を可能とします。サイズ選択においては、新型質量分離器に固有な⼆次元パターンから起源を解析し、連続で質量分離を⾏います。本研究は、ソフトマテリアル界⾯評価に応⽤することが可能であり、⽔クラスターサイズ固体⾼分⼦との相互作⽤の詳細な評価を検討課題とします。
2019年4月1日

東芝デバイス&ストレージ株式会社のページ:https://toshiba.semicon-storage.com/jp/corporate.html

研究推進機構 総合研究院のページ
研究院のページ:https://rist.tus.ac.jp/
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/labo/research_synthesis.html

野島研究室のページ
研究室のページ:http://www.rs.noda.tus.ac.jp/~mnojima/
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?3fcc

ページのトップへ