NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 受賞
  • 研究
2021.12.24 Fri UP

本学大学院生らが国際会議(ICTSS2021)においてBest student awardを受賞

本学大学院生らが国際会議(ICTSS2021)においてBest student awardを受賞しました。

受賞者
理学研究科 科学教育専攻 修士課程1年 中村 公亮
指導教員
教育支援機構 教職教育センター 准教授 興治 文子
受賞題目
Teaching material for the visualization of the Lorentz force with an awareness of the connection between junior and senior high school science
内容
オンラインで開催された国際会議ICTSS2021において、理学研究科科学教育専攻修士課程1年の中村公亮さんがbest student paper awardを受賞しました。本研究は、物理学の電磁気学分野において、抽象的で学習者にとって概念理解が難しいローレンツ力を可視化する教材を提案したものです。生徒実験を可能とするような卓上型のローレンツ力を可視化する教材が先行研究で既に開発されていますが、初学者にとっては理解が難しい点があります。本研究では、既存の教材の困難点を明らかにし、その困難点を克服するような教材を提案しました。なお、本研究は修士課程2年の尾崎龍之介さん、松岡広海さん、東京工業大学附属科学技術高等学校の長谷川大和先生(本学卒業生)との共同研究で行われました。
受賞日
2021年12月16日

■International Conference on Technology and Social Science2021 (ICTSS 2021)
http://conf.e-jikei.org/ICTSS/2021/

■興治准教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6FA9

本学大学院生らが国際会議(ICTSS2021)においてBest student awardを受賞
写真:左から尾崎さん、中村さん、興治准教授、松岡さん
本学大学院生らが国際会議(ICTSS2021)においてBest student awardを受賞