NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 受賞
  • 研究
2021.12.24 Fri UP

本学教員による学術論文がACS Applied Bio Materials誌のFront Coverに選出

本学教員による学術論文がACS Applied Bio Materials誌のFront Coverに選出されました。

選出者
先進工学部 マテリアル創成工学科 助教 小松 周平
先進工学部 マテリアル創成工学科 教授 菊池 明彦
論文タイトル
Protein Removal from Hydrogels through Repetitive Surface Degradation
内容
医療機器をはじめとする体内で利用する材料には、タンパク質等の生体分子の吸着の抑制が重要となります。材料に吸着した生体分子は、血栓を形成するなどの重篤な疾患を引き起こします。近年では、材料表面に親水性高分子を修飾することで、吸着を抑制していますが、一度吸着したタンパク質を除去し、再び表面を再構築する材料設計は困難となります。
本研究では分解性ハイドロゲルを合成し、吸着した生体分子をハイドロゲルの分解により除去し、再びクリーンな表面を再構築する新たなバイオ表面の構築を論文として発表し、本内容がACS Applied Bio Materials誌のCoverに選出されました。
なお、本研究は東京理科大学 先進工学部 マテリアル創成工学科 菊池研究室の菊池明彦教授と小松周平助教の成果です。
掲載論文
https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsabm.1c00993
掲載日
2021年12月20日
PMCID
PMC8693177

■American Chemical Society
https://www.acs.org/content/acs/en.html

■ACS Applied Bio Materials誌
https://pubs.acs.org/journal/aabmcb

■菊池研究室
菊池教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?1393
小松助教のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?71F6

本学教員による学術論文がACS Applied Bio Materials誌のFront Coverに選出