菊池 明彦

ABOUT TUS

キクチ アキヒコ

菊池 明彦教授

KIKUCHI Akihiko

東京理科大学 先進工学部 マテリアル創成工学科

菊池研究室

連絡先 〒125-8585  東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
kikuchia@rs.tus.ac.jp
ホームページURL http://www.tus-zairyou.jp/labs/lab-06.html
出身大学
1987年  東京理科大学  工学部  工業化学科  卒業
出身大学院
1992年  東京理科大学  理工学研究科  工業化学専攻  博士課程 修了
取得学位
東京理科大学  博士(工学)  課程
研究経歴
研究職歴 1992-1993 東京理科大学生命科学研究所生体機能性材料研究領域 ・領域研究員
1992-1994 アメリカユタ大学薬学部(コントロールドケミカルデリバリーセンター) 博士研究員
1994-2001 東京女子医科大学医用工学研究施設 助手
2001-2003 東京女子医科大学大学院医学研究科先端生命医科学系専攻代用臓器学分野 講師
2002-2006 早稲田大学大学院理工学研究科生命理工学専攻 非常勤講師
2003-2006 東京女子医科大学先端生命医科学研究所 助教授
2003-2008 工学院大学 非常勤講師
2005-2006 東京女子医科大学大学院看護学研究科 助教授(兼担)
2006-2007 東京理科大学基礎工学部材料工学科 助教授
2006- 東京理科大学総合研究機構(DDS研究センター)兼務
2007-2009 東京理科大学基礎工学部材料工学科 准教授
2009- 東京理科大学基礎工学部材料工学科 教授
性別
生年月
研究キーワード 生体機能材料, 機能性高分子材料, ドラッグデリバリーシステム, 再生医工学
研究分野
生体医工学・生体材料学 (バイオマテリアル 機能性高分子 DDS 再生医療 組織工学 )
研究課題
温度応答性キャピラリーの調製と生体分子との相互作用
環境負荷を低減する水系クロマトグラフィーシステムの開発
温度応答性ブラシ表面とタンパク質とのアフィニティー制御
受賞
2021年 3月 10日
the Journal of Controlled Release誌のInside Front Coverに選定
2018年 11月 12日
日本バイオマテリアル学会賞(科学)
2016年 5月 18日
国際バイオマテリアル連合会員
2009年 11月 20日
山﨑貞一賞
2004年 7月
第20回日本DDS学会ポスター賞
2000年 5月 20日
平成12年度日本バイオマテリアル学会科学奨励賞
2000年 5月
平成11年度日本エム・イー学会論文賞・阪本賞
1999年 5月 25日
平成10年度高分子学会高分子研究奨励賞
学会活動
2020年 11月 1日 ~ 2021年 9月 30日
高分子学会 第70回高分子討論会副運営委員長
2020年 6月 1日 ~ 2022年 5月 31日
高分子学会 関東支部幹事
2018年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
公益社団法人高分子学会 医用高分子研究会 運営委員長
2016年 4月 1日 ~ 2018年 3月 31日
公益社団法人高分子学会 医用高分子研究会 副運営委員長
2015年 11月 10日 ~ 2022年 3月 31日
日本バイオマテリアル学会 学会理事等
2014年 5月 1日 ~ 2014年 12月 5日
公益社団法人 高分子学会 10th International Polymer Conference Local Committee
2013年 11月 27日 ~ 2015年 11月 26日
日本バイオマテリアル学会 学会誌及び論文誌の編集者
2013年 11月 27日 ~ 2015年 11月 26日
日本バイオマテリアル学会 学会理事等
2013年 11月 10日 ~ 2018年 3月 31日
日本バイオマテリアル学会 学会誌及び論文誌の編集者
2010年 8月 11日 ~ 2011年 6月 10日
日本DDS学会 第27回日本DDS学会大会実行委員会委員
2010年 8月 1日 ~ 2011年 11月 25日
第20回ポリマー材料フォーラム 運営委員
2008年 11月 19日 ~ 2011年 3月 18日
国際バイオマテリアルサイエンス会議 2011 組織委員 実行委員
2007年 11月 12日 ~ 2008年 11月 18日
日本バイオマテリアル学会 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008実行委員
2007年 8月 1日 ~ 2008年 5月 30日
高分子学会 第57回高分子学会年次大会運営委員
2006年 11月 1日 ~ 2007年 11月 30日
高分子学会 第16回ポリマー材料フォーラム運営委員
2006年 6月 1日 ~ 2012年 5月 31日
高分子学会 支部理事
2006年 6月 1日 ~ 2008年 5月 31日
高分子学会 関東支部理事
2005年 5月 ~ 2006年 3月 31日
日本人工臓器学会 評議員選出委員会委員
2005年 1月 1日 ~ 2007年 12月
日本組織工学会 評議員
2004年 6月 1日 ~ 2006年 5月 31日
高分子学会 行事委員会委員
2003年 7月 ~ 2022年 7月
日本DDS学会 評議員
2003年 4月 1日 ~ 2022年 3月 31日
日本バイオマテリアル学会 評議員
2003年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
日本バイオマテリアル学会 学会誌及び論文誌の編集者
2003年 4月 ~ 2009年 1月
日本人工臓器学会 評議員
2002年 4月 1日 ~ 2014年 3月 31日
日本バイオマテリアル学会 学会誌及び論文誌の編集者
客員教授
専攻分野 バイオマテリアル工学
研究分野 機能性高分子・生体機能材料
人工臓器に代表される医療用材料(バイオマテリアル)は、生体に触れて用いられ、特徴的な機能を発揮します。最適な機能を得るには、バイオマテリアルの表面物性や形を考慮し設計・調製することがきわめて重要です。私たちは、バイオマテリアルを考え、合成した材料と生体成分との相互作用を制御することで、目的の生体成分を分離・分析し、また診断・治療を行い、生体(生理)機能を最大限に発揮し得る新しいバイオマテリアルの開発を目指して研究しています。
研究テーマ
  1. 刺激応答機能性界面と生体との相互作用解析

  2. 診断や治療を可能にする機能性微粒子の合成

  3. ソフトマテリアルからの薬物放出制御

  4. バイオマーカーの簡易分析法の確立