NEWS & EVENTS ニュース&イベント

  • 研究
  • 受賞
  • 学生の活躍
2021.07.16 Fri UP

本学大学院生が第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムにおいてChemComm Poster Prizeを受賞

本学大学院生が第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムにおいて優秀ポスター賞および ChemComm Poster Prizeを受賞しました。

受賞者
理学研究科 化学専攻 修士課程1年 松村 虎太朗
指導教員
理学部第一部 化学科 教授 河合 英敏
理学部第一部 化学科 助教 土戸 良高
受賞題目
ジベンゾピロロ[1,2-a][1,8]ナフチリジンに基づく螺旋フォルダマーの金属イオン添加による構造変化特性
内容
第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムにおいてポスター発表を対象とした選考が行われた結果、発表内容が特に優れていると判断された発表者に対して、ホスト−ゲスト・超分子化学研究会および英国王立化学会(Royal Society of Chemistry:RSC)から優秀ポスター賞および ChemComm Poster Prize を授与された。
受賞日
2021年6月27日

■ホスト−ゲスト・超分子化学研究会
https://www.ahgsc.jp/

■第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム
http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/mol3/shgsc2020/

■受賞者一覧
http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/mol3/shgsc2020/award.html

■河合(英)研究室
研究室のページ:https://www.rs.tus.ac.jp/kawaih/
河合教授のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?6522
土戸助教のページ:https://www.tus.ac.jp/academics/teacher/p/index.php?72E2

本学大学院生が第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウムにおいてRSC ChemComm Prizeを受賞