2020.12.10 Thursday

(重要:2021年度入学予定の皆様) 2021年度授業実施に伴う 「ノート型パソコン等の必携化(BYOD)」の導入について

2020年12月10日

2021年度入学予定の皆様へ
                保証人の皆様へ

東京理科大学 学長

本学では、高度情報化社会における情報リテラシーやセキュリティに関する知識を有するとともに情報通信技術の十分な活用能力を有する人材を育成するために、「ICTを活用した教育の推進」を図っています。今般、新型コロナウイルス感染症の影響等も踏まえ、2021年度から、学生個人所有の「ノート型パソコン等の必携化(BYOD : Bring Your Own Device)」を導入することとしましたので、各自ご準備くださいますようお願いいたします。

大学では、レポートやプレゼンテーション資料の作成、学習支援システム(LMS)を活用した 予習・復習、e-Learningを用いた自学自習等に留まらず、シラバスによる科目検索、履修登録、成績確認、就職活動等、様々な場面でパソコン等を活用することとなり、BYODにより、これらのことがいつでもどこでもできるようになります。

つきましては、「ノート型パソコン等」を所有していない方で、購入を計画されている方は、「入学のしおり(入学手続完了後、2021年2月から順次送付予定)」に記載の「入学する学部学科において必要となるノート型パソコン等の性能」を確認のうえ、ご検討ください(当該性能を満たしているノート型パソコン等を所有している場合は、新たに購入する必要はありません)。
また、対面授業と並行した遠隔(オンライン)授業、インターネットを介した課題提出等も想定されますので、自宅等でインターネットを利用できる環境も併せてご準備ください。

ご理解とご協力をお願いします。

以上

※2021年2月に、本ページにて、「初めてノート型パソコンを購入される方」におすすめのサイト、「これまでにノート型パソコンを購入された経験がある方」におすすめのサイト等をご案内する予定ですので、適宜、ご確認ください。

ページのトップへ