2020.11.11 Wednesday

本学教員及び大学院生らの論文が『Analytical Sciences』誌Hot Articleに選出

本学教員及び大学院生らの論文が日本分析化学会発行『Analytical Sciences』誌のHot Articleに選ばれました。

学術論文(著者名:Momona Horiguchi、Shinsuke Kunimura、論文タイトル:Surface-enhanced Raman Scattering and X-ray Fluorescence Analyses of a Single Hair Colored with a Hair Dye Product)が、日本分析化学会発行「Analytical Sciences」誌Vol.36、No.11のHot Articleに選出された。

選出者 工学部 工業化学科 准教授 国村 伸祐
工学研究科 工業化学専攻 修士課程2年 堀口 桃菜
論文タイトル Surface-enhanced Raman Scattering and X-ray Fluorescence Analyses of a Single Hair Colored with a Hair Dye Product
掲載論文 https://doi.org/10.2116/analsci.20P144
掲載日 2020年11月10日

日本分析化学会
公式ページ:https://www.jsac.jp/
Analytical Sciences
公式ページ:http://www.jsac.or.jp/analsci/

■国村准教授のページ
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6671

ページのトップへ