2020.10.01 Thursday

9月学位記授与式を挙行

9月28日(月)、神楽坂キャンパスで博士及び理工学研究科国際火災科学専攻の修士秋学期修了生に向けた9月学位記授与式が行われ、理学研究科3名、薬学研究科4名、工学研究科2名、理工学研究科1名、基礎工学研究科3名、生命科学研究科1名の計14名に博士の学位、理工学研究科国際火災科学専攻4名に修士の学位が授与されました。

本年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、内容を縮小し、密を避けて座席を指定する等の対策を行った上での挙行となりました。

松本洋一郎学長は式辞において、「学位を得ても知識の探求はここで終わりません。皆さんの学位記は理科大として、今後も皆さんと協力し、世界が抱える課題を解決していこうという約束の証です。新たな挑戦をしたいと思う時が来たら、是非、理科大に戻ってきて下さい。我々は、常に皆さんの活動を支援し続けることを約束します。」とメッセージを贈りました。

9月学位記授与式を挙行 9月学位記授与式を挙行
9月学位記授与式を挙行 9月学位記授与式を挙行

ページのトップへ