NEWS & EVENTS ニュース&イベント

2020.07.30 Thu UP

経営学部ビジネスエコノミクス学科 特殊講義1「先輩起業家による講演」(開催報告)

東京理科大学経営学部ビジネスエコノミクス学科の特殊講義1では、東京開業ワンストップセンターとNPOビジネス・サポートのお力添えをいただき、計14回の講義を通じて、グループごとに事業計画書を作成し、最終日にはビジネスコンテストの実施を予定しています。

今まで習った知識・理論を卒業後の実務で活用できる能力、即ち?起業における実践力" を養成することを目的とし、講義を実施しています。計14回の講義を通じ、法人設立やビジネスモデルの考え方、最終的には財務計画を立て資金調達の計画も自ら作り上げます。講師は経営コンサルタントとして活躍する方で、起業の実務を知り、受講生の興味、関心を汲み取り、講義内容を適切に伝えられるNPOビジネス・サポートの中小企業診断士が担当しています。

講義の中間では、先輩起業家3名にお越しいただき、オンラインにて講演をしていただきました。起業に至った経緯はもちろん、様々な経験をされてきた先輩起業家のお話は、学生にとっても非常に有意義な時間となりました。先輩起業家の話を聞いた学生が、どのようなビジネスプランを作り上げるのか楽しみです。

【先輩起業家の詳細】

平永 真(ひらえ まこと)/ ビジュアダム合同会社 代表者
富山県出身。10代のときから映像制作に興味を持つ。その後、映像制作の専門学校で基礎知識を学び20代前半で映像制作の会社へ就職、動画制作の活動を始める。30代になってからはディレクターとして映像制作全般に関わるようになる。2019年6月、人とのつながりや後押しを得てビジュアダム(同)を設立。企業向けのブランディングビデオを中心に映像制作を行っている。
経営学部ビジネスエコノミクス学科 特殊講義1先輩起業家によるご講演実施(開催報告)
経営学部ビジネスエコノミクス学科 特殊講義1先輩起業家によるご講演実施(開催報告) Igor Voroshilov / 株式会社LikePay CEO
ロシア出身、現在25歳の留学生起業家。モスクワ国立大学を卒業後、東京大学大学院に進学し、在学中に事業を立ち上げる。現在は株式会社LikePayというスタートアップを経営している。世界から見ないと分からない日本文化に眠っていたビジネスチャンスをアイデアに、IT技術とデザイン力を融合し日々チャレンジをしている。
種市 隼兵 / 株式会社Shinonome CEO
1993年生まれ、東京理科大学理工学部情報科学科2017年卒。理科大VCから出資を受け、学部4年次に株式会社Shinonomeを創業。理科大発かつ初の学生ベンチャーとして、全国の大学機関内にワーキングスペースを設置し若手クリエーターの育成&タレントシェアリングのエコシステムを構築する「PlayGround」の運営を行っている。 主な事業は他企業と協業して行うIT分野における研究開発。それと並行して、次世代のコミュニティマネジメントツールの開発を行っている。
経営学部ビジネスエコノミクス学科 特殊講義1先輩起業家によるご講演実施(開催報告)