2021.02.17 Wednesday

本学 生命医科学研究所 松島 綱治教授が第61回東レ科学技術賞 受賞

本学 生命医科学研究所 松島 綱治教授が第61回東レ科学技術賞を受賞しました。

東レ科学技術賞は、理学・工学・農学・薬学・医学(除・臨床医学)の分野で、学術上の業績が顕著な方、学術上重要な発見をした方、効果が大きい重要な発明をした方、あるいは技術上重要な問題を解決して技術の進歩に大きく貢献した方に対し、表彰されます。贈呈式は、2021年3月15日に行われる予定です。

受賞内容 松島教授は、生体組織の損傷に対する生体防御機構の一つである「炎症制御因子IL-8」を発見、炎症時の白血球浸潤の機序を明らかにしました。さらに、炎症制御因子の研究を基盤として、成人T細胞白血病の治療薬の開発をはじめ免疫難病の治療に貢献したことが高く評価されました。
研究業績 炎症制御因子研究を通した免疫難病治療への貢献

■東レ科学振興会のページ:http://www.toray.co.jp/tsf/info/inf_001.html

■令和2年度 第61回 東レ科学技術賞/第61回 東レ科学技術研究助成/第52回 東レ理科教育賞の決定について:
https://www.toray-sf.or.jp/information/210216.html

松島研究室
大学公式ページ:https://ridai.admin.tus.ac.jp/ridai/doc/ji/RIJIA01Detail.php?act=pos&kin=ken&diu=6fa1
研究室ページ:https://k-matsushimalab.org/

本学教員が第61回東レ科学技術賞を受賞
生命医科学研究所 教授 松島 綱治

ページのトップへ