2020.11.13 Friday

本学学生らが経営情報学会2020年全国研究発表大会にて学生優秀発表賞を受賞

本学学生らが経営情報学会2020年全国研究発表大会にて学生優秀発表賞を受賞しました。

■学生優秀発表賞

受賞者 経営学部 経営学科 4年 菊池 百々帆
指導教員 経営学部 経営学科  准教授 大江 秋津
受賞題目 URAの経験の多様性が生む大学発ベンチャーに関する実証研究
内容 研究の目的は、URAが持つ経験の多様性が大学発ベンチャー増加に与える影響を実証することである。日本国内401校のデータを用いて、多変量解析により実証した。URAの数や前職の多様性、長期雇用者の割合、研修制度が大学発ベンチャー数に増加させることを実証した。一方で、研修の効果は前職の多様性や長期雇用者が多いほど減少しており、短期雇用者や経験の多様性の少ないURAを対象にした研修が高い効果をあげることを実証し、研究成果として報告した。
受賞日 2020年11月7日
受賞者 経営学部 経営学科 4年 白石 梨紗
指導教員 経営学部 経営学科  准教授 大江 秋津
受賞題目 認知バイアスが明治日本の評価体系にもたらす影響 ―お雇い外国人のハロー効果に関する実証研究―
内容 研究目的は、既存の評価がその後の評価に与える影響であるハロー効果が、明治時代のお雇い外国人の契約更新にもたらす影響の実証である。来日前の学歴や業績が高評価の人は高給となるが、成果の評価時はハロー効果により期待したほどでないと判断されやすく、そうでない人はハロー効果が無いため期待値が低く、契約更新されやすかったことを研究成果として報告した。ハロー効果という数値化が困難なものを実証しただけでなく、日本史分野にも分野横断的貢献を持つことが評価された。
受賞日 同上

■一般社団法人 経営情報学会
http://www.jasmin.jp/
■経営情報学会2020年全国研究発表大会
http://www.jasmin.jp/activity/zenkoku_taikai/2020_fall/

■大江研究室のページ
研究室のページ:https://www.facebook.com/OeAkitsuLabo/
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?7194

本学大学生らが経営情報学会2020年全国研究発表大会にて学生優秀発表賞を受賞
経営学部 経営学科 4年 菊池 百々帆さん
本学大学生らが経営情報学会2020年全国研究発表大会にて学生優秀発表賞を受賞
経営学部 経営学科 4年 白石 梨紗さん

ページのトップへ