2020.05.22 Friday

(重要)6月1日(月)以降の授業実施等の取扱いについて

2020年5月22日

新入生・在校生のみなさんへ

東京理科大学 学長

2020年5月19日付HPへの掲載及びCLASS「お知らせ(緊急)」で、本日を目途に通知することとしておりました標記の件について、昨日付の政府の発表(首都圏は緊急事態宣言を解除しない、5月25日(月)に解除の可否を判断等)に鑑み、5月31日(日)までに緊急事態宣言が解除される場合は、6月1日(月)から下記のとおり実施する方向で検討しておりますので、これを踏まえあらかじめご準備のほど、お願いします。
なお、解除されない場合は、その後の取扱いについて、5月28日(木)を目途に改めて通知することとします。

1. 6月1日(月)からの授業実施の基本方針について

実験、卒業研究・大学院での研究活動、及び学科が特に認める科目の受講に限って、大学への入構を認めます。それ以外の用件での大学への入構は控えてください。
(構内に滞在する時間は可能な限り短くするようご留意ください)

(1) 実験、卒業研究・大学院での研究活動

対面での実施が可能な授業から順次実施します。
※実験であっても各学科の事情にあわせ、対面で実施しない授業もあります。
※対面で実施する授業、開始時期、時間割、開講方法等の詳細については、準備が出来次第、各学部学科から案内しますので、CLASS、LETUS及び大学から提供の「学籍番号のメールアドレス」等を定期的に確認してください。
※6月1日(月)現在、国外や地方等の遠隔地に住居を構えている(滞在している)、県境を越える移動等の自粛要請が発出されている都道府県に住居を構えている(滞在している)等により、大学へ来ることが困難な学生は、所属学科の先生(教務幹事等)にご相談ください。

(2) その他の授業(講義・演習・外国語・実習・実技)

6月中(6月30日(火)まで)はこれまで通り遠隔授業(オンライン授業)で実施します。
7月1日(水)以降の授業実施については、6月12日(金)を目途にあらためて通知します。

2. 通学する際の注意事項について

本学HPで公開している「新型コロナウィルスへの対応方針」(現在第8報)において定めている「1.感染予防について」、「2.健康管理について」を必ず確認のうえ、順守してください。
なお、マスクは必ず着用してください。
(https://www.tus.ac.jp/today/archive/20200515_1781.html)

【抜粋】
・手洗い・うがいを徹底するとともに、必要に応じて手の消毒等も行う。
・マスク等の咳エチケットを徹底するとともに、できるだけ人混みを避ける。
・外出中は、意識して、手で眼、鼻、口等に触れないようにする。
・換気の悪い密閉空間、多くの人の密集する場所、近距離の会話での密接場面(3つの「密」)が重なる場面を避ける。
・風邪や発熱などの軽い症状が現れた場合は、授業や仕事を休み、外出を控え自宅で療養すること。また、毎日体温を測定し記録する。

3. 学内の施設利用について

図書館、食堂等の施設につきましては、十分な感染防止策を講じた上で、利用できる準備を進めています。施設を開館・営業する時期等については、決定次第、各施設HP、学内掲示、CLASS等で周知しますので、ご確認ください。

4. 課外活動について

全ての課外活動のための大学への入構は禁止します。

みなさんには、引続き、慣れない学修環境に移行することが求められます。本学としましても、みなさんに学修機会の不公平、不利益が生じることなく、安心して授業を受講できるよう十分な感染防止策を講じ、事後の対応も含めた学修環境の確保に向け、準備・検討を重ねております。
みなさんと一緒にこの困難を乗り越えていきたいと思います。ご理解とご協力をお願いします。

以上

ページのトップへ