2020.01.16 Thursday

本学教員が宇宙科学研究所賞を受賞

本学教員が宇宙科学研究所賞を受賞しました

受賞者 理工学部 電気電子情報工学科 教授 木村 真一
受賞題目 超小型カメラ技術による深宇宙ミッションへの貢献
受賞内容 「IKAROS」搭載の超小型カメラ技術を発展させ、「はやぶさ2」に搭載した分離カメラ及び小型カメラCAM-Hの開発に貢献したことが評価された。特に、小惑星「リュウグウ」へのタッチダウンの様子をCAM-Hが鮮明に捉え国民にわかりやすい映像を提供できたことは、科学的貢献のみならず、国民の宇宙への関心を、強く呼び起こした点について高く評価された。
受賞日 2020年1月8日

宇宙科学研究所賞
http://www.isas.jaxa.jp/about/isas_award/

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構

ISASニュース:2020年
http://www.isas.jaxa.jp/outreach/isas_news/2020/ *宇宙科学研究所賞授賞式の様子が掲載されています。

木村研究室
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?52d7
研究室のページ:http://www.kimura-lab.net/

本学教員が宇宙科学研究所賞を受賞
左:木村教授
本学教員が宇宙科学研究所賞を受賞

ページのトップへ