2019.06.26 Wednesday

本学教員らの学術論文が、アメリカ化学会発行ACS Applied Energy Materials誌のSupplementary Coverとして選出

本学理学部第一部 応用化学科 根岸 雄一教授らの学術論文が、アメリカ化学会発行ACS Applied Energy Materials誌のSupplementary Coverとして選出されました。

化石資源の枯渇と地球温暖化問題が深刻化する中、化石資源に頼る社会から、クリーンで再生可能な水素をエネルギー源とした社会への移行が期待されています。本学・藤嶋前学長らによって見いだされた水分解光触媒を用いますと、地球上にほぼ無限にある、太陽光と水から水素を製造することが可能です。根岸教授らは、独自に確立した合金クラスターの精密合成技術を駆使することで、高活性かつ高安定性を有する水分解光触媒創成に対する設計指針を得ることに成功しました。こうした内容が編集部に評価され、掲載誌のSupplementary Coverとして選出されました。なお、本研究は、本学理学部第一部 応用化学科 工藤 昭彦教授らとの共同研究です。

選出者名 理学部第一部 応用化学科 教授 根岸 雄一
理学部第一部 応用化学科 教授 工藤 昭彦
論文タイトル Atomic-Level Understanding of the Effect of Heteroatom Doping of the Cocatalyst on Water-Splitting Activity in AuPd or AuPt Alloy Cluster-Loaded BaLa4Ti4O15
掲載表紙 https://https://pubs.acs.org/pb-assets/images/_journalCovers/aaemcq/aaemcq_v002i006-4.jpg?0.26717869611223133
掲載論文 https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsaem.9b00426
掲載日 2019年6月24日

アメリカ化学会ACS Applied Energy Materials:
公式ページ:https://pubs.acs.org/journal/aaemcq

根岸研究室のページ
大学公式ページ: https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?5825
研究室のページ:https://www.rs.kagu.tus.ac.jp/negishi/

工藤研究室のページ:
大学公式ページ:http://www.sut.ac.jp/fac_grad/p/index.php?21f4
研究室のページ:https://www.rs.kagu.tus.ac.jp/kudolab/


ACS Applied Energy Materials誌

ページのトップへ