東京理科大学 近代科学資料館 「大村智記念展示室」

東京理科大学(学長:石川 正俊)は、「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」との建学の精神を紹介する施設として、神楽坂キャンパスに「近代科学資料館」を設置しています。このたび、同施設内に、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞され、我が国の受賞者で唯一の私学出身者である大村智特別栄誉博士(1963年本学大学院理学研究科修士課程修了、1970年理学博士)の功績を顕彰する施設として、「大村智記念展示室」を開設します。

この展示室では、高校で教鞭をとりながら本学大学院で学ばれた日々を紹介する資料や、当時の研究装置である有機物の構造を決定する核磁気共鳴装置(NMR)の実機を展示するほか、大村博士が長年取り組んでこられた、薬につながる微生物由来の化合物の探索研究について紹介します。また、大村博士より寄贈いただいた書籍や色紙なども展示する等、若い科学者、特に化学や薬学系等の理学を志す中高生の道しるべとなるよう企画しました。


主催:  東京理科大学近代科学資料館
展示協力:日本電子株式会社
      山梨日日新聞社
大村博士NMR測定中
東京理科大学大学院 修士課程3年次
東京工業試験所 (新宿区初台)
核磁気共鳴装置(NMR)の操作 (1962年)

展示内容と主要展示資料

  1. Ⅰ 世界を救った業績でノーベル賞 -微生物から抗生物質を作る-
    1. 1.ノーベル賞・文化勲章
    2. 2.イベルメクチンはどのように発見・合成されたか?
    3. 3.イベルメクチンはどのように寄生虫に効くのか?
    4. 4.大村智博士の研究チームが発見した500種以上の化合物
    5. 5.映像『TUSフォーラム2021』(編集版)
  2. Ⅱ 学びを深める 東京理科大学での出会い -分子構造を決定するNMR-
    1. 1.恩師 都筑洋次郎教授
    2.   都筑研究室 修士論文・博士論文・卒業アルバム
    3.   都筑教授の著書
    4. 2.森信雄先生との共著論文
    5. 3.核磁気共鳴装置(NMR)の仕組みと発展
  3. Ⅲ 理学を志す理学生たちへメッセージ
    1. 1.映像『現役理科大生との対談』
    2. 2.大村先生から

関連ブログのご案内

学生スタッフ達によるブログをぜひご覧ください。