館長挨拶

概要

東京理科大学近代科学資料館は、東京理科大学創立110周年を記念して平成3年11月に建設されました。館内には、東京理科大学の前身となる東京物理学校から引き継がれた貴重な資料や寄贈資料を一堂に集め、体系的な展示を行っています。

資料館の建物は、昭和16年東京物理学校理化学部卒業の故二村冨久氏(二村化学工業の創業者)の御寄付により、明治39年に本学ゆかりの地である神楽坂に建設された東京物理学校の木造校舎の外観を復元した物で、その建物自体も展示品とみることができましょう。東京理科大学では、この建物に二村記念館の副称を付け、永くその意志を称えることとしました。

近代科学資料館

コンセプト

文明開化の叫ばれる明治初期(1881年)、「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」という若者達の熱い思いで設立された本学は、その理念を実践しつつ、まさにわが国の科学技術発展の歴史とともに歩んできました。当たり前のように我々が享受している今日の高度技術化社会も、一朝一夕に達成されたものではありません。多くの先達の科学技術者たちが営々として歩んで来た歴史の一端を回顧し、科学技術発展の恩恵を身をもって感じていただくことが近代科学資料館の主な目的です。また、科学技術の更なる発展を目指し、その陰にあるさまざまな課題を解決すべく本学で遂行されている優れた研究を紹介することも目的の一つとしています。前者の目的には常設展示を行い、後者の目的には企画展示を行います。

多くの来訪者で賑わう神楽坂に隣接する本館は、一般市民、学生を対象として、楽しく学べる博物館として近代科学技術の啓発を行い、本学の建学の理念である「理学の普及」に積極的に貢献することを使命としています。

秋山仁

東京理科大学近代科学資料館
館長 秋山 仁