メンバー

上野 一郎

理工学部機械工学科 教授

研究分野

熱工学 (界面熱流体力学)

研究キーワード

界面熱流体力学

研究経歴

1996-1999
水中における固体・液体面のナノ秒加熱による高速伝熱現象に関する研究(東京大学大学院博士課程)
1999-現在
表面張力差対流に関する研究(カオス化過程,粒子集合現象,能動的制御など)
2004-現在
気泡・蒸気泡の非線形振動現象に関する研究,
蒸発・変形・移動を伴う液体内粒子運動に関する研究,
固液気3相境界線(コンタクトライン)近傍流体動力学に関する研究など

宇宙環境を利用した界面熱流体力学

表面張力差駆動対流や相変化熱伝達など、宇宙環境を利用した熱・物質輸送に関する研究を実施。国際宇宙ステーション日本実験モジュール「きぼう」での界面熱流体力学実験に共同研究者として1999年より参画。現在、「きぼう」上での日欧共同実験JEREMI(Japan-Europe Research Experiments on Marangoni Instability)に向けた準備に従事。

論文リスト

1. Toru Ogasawara, Kosuke Motegi, Takuma Hori and Ichiro Ueno, Secondary instability induced by thermocapillary effect in half-zone liquid bridge of high Prandtl number fluid, Mechanical Engineering Letters 5, 19-00014, 2019. (査読有)

2. Takumi Watanabe, Tomohiko Takakusagi, Ichiro Ueno, Hiroshi Kawamura, Koichi Nishino, Satoshi Matsumoto, Mitsuru Ohnishi and Makoto Sakurai, Terrestrial and microgravity experiments on onset of thermocapillary-driven convection in hanging droplet, Int. J. Heat Mass Trans. 123, 945-956, 2018.(査読有)

3. Lizhong Mu, Harunori N. Yoshikawa, Daichi Kondo, Tetsuya Ogawa, Mayu Kiriki, Farzam Zoueshtiagh, Masahiro Motosuke, Toshihiro Kaneko & Ichiro Ueno, Control of local wetting by microscopic particles, Colloids and Surfaces A 555, 615-620, 2018.(査読有)

4. Taishi Yano, Koichi Nishino, Satoshi Matsumoto, Ichiro Ueno, Atsuki Komiya, Yasuhiro Kamotani, Nobuyuki Imaishi, Report on microgravity experiments of dynamic surface deformation effects on Marangoni instability in high-Prandtl-number liquid bridges, Microgravity Science and Technology 30 (5), 599-610, 2018.(査読有)

ORCID 情報はこちら:https://orcid.org/0000-0003-1616-3683