東京理科大学
DX時代を先導するハイブリッド人材のための
DX時代を先導する
ハイブリッド人材のための
リスキル×アドオン プログラム
文部科学省「DX等成⻑分野を中心とした
就職・転職支援のためのリカレント教育推進事業」採択事業

202210
開講

プログラムの目的

人生100年時代において、就業期間や就業形態はフレキシブルになりつつあり、生涯学びを続け常に自身をアップデートしていくための「学びなおし」が必要不可欠な状況です。また現在のコロナ禍やそれ以前からの社会構造の大きな転換により、DX分野(人工知能(AI)、ロボティクス、IoT、ブロックチェーン、仮想現実(VR)/ 拡張現実(AR)など)のデジタル技術の応用と、それによる事業の立て直しが日本企業においては急務となっているにも関わらず、多くの日本企業はその対応において大きく立ち遅れています。
一方で日本企業は高付加価値・高効率、そして日本的文化に根差した強さを持っており、世界の中でも⻑寿企業が多いこと等にも表れていますが、DX時代の中で、この日本ならではの強みがうまく活かされていない側面もあります。

本プログラムでは、日本的な強みを活かしつつ、DXを中心としたデジタル戦略全般(DXを活用した新規事業創出、データ戦略、データサイエンス、AI、プログラミング言語 等)の知識を習得する学びの場を提供し、企業内でDXを先導するためのキーマンとなるデジタル人材の育成を目指します。

リスキル×アドオンプログラムで育成する
「ハイブリッド人材」について
ハイブリッド型の人材育成
一般的なビジネスパーソン
今までの
スキル
DX 関連
知識・
スキル
アドオン
×
エンジニア
システム
エンジニア
スキル DX以前の
ITスキル
多様な
DX 先進事例
を吸収して
得るスキル
要 DX 化な
他部門を
理解する力
アドオン
×
事業責任者
ビジネスを
統括する力
新事業に
DX を
当てはめる力
DX ビジネス
デザイン力
DX 分野の
先見性
アドオン
×
MORE

今までのキャリアをリセットしスキル転換を図るという⽂脈でのスキル獲得だけでなく、すでに⾃⾝が持っている能⼒・ノウハウをベースに新たな価値を追加するという意味での「アドオン」をプログラムのもう⼀つの考え⽅の柱としています。

必修講座で学ぶ基盤的な知識と、選択講座で学ぶ応⽤的な知識を同時に学ぶことができるプログラム構成とすることで“ハイブリッド型の学び”を提供し、それにより、これまで各個⼈が持っていた「これまでの就業で獲得している知識・スキル」に、 「DX時代に対応するデジタル知識・スキル」を掛け合わせていくことのできる“ハイブリッド型の⼈材”としてのビジネスパーソンを育成します。

また、本プログラムの受講を修了することで、「業務を分かってアイデアを出す」「デジタル技術で何ができるか」という両⽅の側⾯を持ち合わせ、Society5.0時代において能動的に社内外でのデジタル⾰新を推し進めていくことができる⼈材となることを⽬指します。

今回の⼤きな⽬的は、⽇本的な価値をきちんと理解しながら、⽇本ならではのDXビジネスモデルを先導できる⼈材を育成することにあります。

それに向け、⾃⾝のこれまでの経験から得てきた既存スキルに、新たにDXの知識を付与(リスキリング)し、新規事業(新しいビジネス)開発、社内の仕組みづくり等により、⾃社の発展に寄与することに向け、キャリア形成の意識を強く持っている⽅の受講を期待したいと思います。

プログラムについて

今までのキャリアをリセットしスキル転換を図るという文脈でのスキル転換ではなく、すでに自身が持っている能力をベースに新たな価値を掛け算で追加する。これにより、受動的にDX時代の流れにのるのではなく、自らが能動的に価値を創造し、時代を先導できる日本ならではのハイブリッド人材を⽬指していただきます。
なお、本プログラムは説明会および全ての講義を「オンライン」で実施します。
DX時代を先導するハイブリッド人材のためのリスキル×アドオンプログラムイメージ図
今までのスキル
アドオン しかも掛け算的に
必修講座
  • ①導入および振り返り講座
  • ②コア科目
    ビジネスに活かす
    DX・データサイエンス基礎(日経ビジネススクール連携講座)
選択必修
講座
  • ①新規ビジネス
    創造コース
  • ②データサイエンス
    コース
  • ③情報技術者
    育成コース
選択講座
  • 東京理科大学オープンカレッジ
    ビジネス講座(デジタル領域)
  • 山陽小野田市立山口東京理科大学、
    公立諏訪東京理科大学による
    DX関連講座
選択講座
東京理科大学オープンカレッジ ビジネス講座(デジタル領域以外)
就業支援
プログラムの範囲

DXビジネスの根幹をなすDX概念・データサイエンス・AIを学ぶ必修講座(日経ビジネススクールとの連携講座)など、DX時代に必須の必修講座を受講しつつ、

  • 新規ビジネス創造
    コース

  • データサイエンス
    コース

  • 情報技術者育成
    コース

3つのコースに分かれ、それぞれが目指すべき職種やスキル獲得のための選択必修講座を受講することができるプログラム構成となっています。
また、さらなる選択講座として、東京理科大学オープンカレッジで開講するビジネス講座(デジタル領域中心)より、各自が今後のキャリア形成やキャリアシフトのために役立つ科目を自由に選択し、自分だけのプログラムを作り上げることができます。

また、企業等と連携した職場⾒学、PBLといった実践的なプログラムも⽤意しています。

詳しくは「カリキュラム」のページをご覧ください。

Curriculumカリキュラム
修得が想定される能力
  • 新たなビジネスを創造する企画力
  • 社会のIT課題を解決する
    プログラミング技術
  • Society5.0時代における
    DXのあり方についての理解
  • 最先端のITトレンドへの理解
  • デジタル人材への入口及び
    転換に必要な理論的知識
  • Python、機械学習を
    はじめとした
    プログラム言語の基礎知識

また、以下能力の獲得を想定しています。

  • 独立行政法人情報処理推進機構(ITSS)のITスキル標準に当てはめた場合、レベル2〜3相当
  • プログラムを受講し、特定の科⽬を受講した結果合格しうる資格試験としては統計検定2級相当

なお、本プログラム修了者には、東京理科大学社会人教育センターよりプログラム修了証を発行いたします。

※本ページに記載の内容については、今後⼀部変更となることがございます。

Contact Us

お問い合わせ先

東京理科大学オープンカレッジ事務局
TEL : 03-5227-6268(平日9:00〜17:00)
MAIL : manabi(アットマーク)admin.tus.ac.jp
お問い合わせにつきまして

現在新型コロナウイルス感染拡大防止のためスタッフの在宅勤務を推奨しております。
ご回答にお時間をいただく場合もございますが、あらかじめご了承ください。