Top


アリミツ コウジ
有光 晃二  教授
東京理科大学 理工学部 先端化学科
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(17件)
レフェリー付学術論文(134件) | レフェリー付プロシーディングス(25件) | その他著作(40件) | 著書(42件) | 学会発表(666件) | 特許(74件)
研究室名 有光研究室
トピックス

専攻分野 高分子化学、有機材料化学
研究分野 有機合成化学、光機能性有機高分子材料
紹介

光化学的に酸(または塩基)を発生する光酸(または光塩基)発生剤と、酸(または塩基)の作用で分解する(高)分子を組み合わせると、さまざまな光反応性材料を創製することができます。これらの材料は身の回りの電化製品等の製造に利用されており、エレクトロニクス産業に欠くことのできないものです。本研究室では、これらの材料に必要な光開始剤や反応性(高)分子の合成とその機能評価を行っています。さらに、当グループでは、酸(または塩基)増殖反応を開発しており、これらを上記の光反応性材料と組み合わせることで、光反応性材料の超高感度化にも成功しており、国内外から注目されています。

研究テーマ
  1. 酸・塩基増殖反応の開発と光反応性材料への応用

  2. 光塩基発生剤の設計・合成と光反応性材料への応用

  3. 酸・塩基反応性(高)分子の合成と応用

CLOSE