東京理科大学近代科学資料館のウェブサイトです

当館は「日本一の計算機コレクション」「録音技術の歴史」「東京物理学校の貴重資料」の常設展示と毎年開催する企画展示からなる博物館です。 神楽坂の落ち着いた雰囲気の中、今日までの近代科学の発展の歴史を無料でご覧いただけます。

企画展「身近な数学」ー数学教育の100年ー

第100回全国算数・数学教育研究(東京)大会を記念して、企画展「身近な数学」ー数学教育の100年ーを開催します。数学者・文化史家でもある小倉金之助(東京物理学校明治38年卒)は、「科学的精神ー少なくとも数学的な見方、考え方を広く行きわたらせたい」と研究会で中心的な活動を行っていました。本企画展では、小倉金之助の唱えた数学教育を中心に、江戸の和算から身のまわりの現象の中の数学を展示します。
 開催期間:2018年6月23日(土)~8月10日(金)
詳細は こちらをご覧ください。

サイエンスカフェ「意外なる数学者たち ~天才とギャンブラー~」         

2018年7月14日(土) 16:30~18:00に当館2階にてサイエンスカフェを開催いたします。詳細はこちらをご覧ください。申し込みはこちらから。         

世界初の乾電池の展示

東京理科大学の前身である東京物理学校出身の屋井先蔵による世界初の乾電池の展示を始めました。こちらでも紹介しております。

微分解析機実演のお知らせ

毎週木・土曜の週2回14:30より微分解析機の実演を行っております。復元プロジェクトの1年半の軌跡はこちらをご覧ください。

秋山仁の数学体験館

近代科学資料館地下1階の『秋山仁の数学体験館』は開館時間が異なりますので、詳細はこちらをご覧ください。

東京理科大学近代科学資料館
・開館時間:10:00~16:00
・休館日:日曜・月曜・祝日
・入場料:無料
 〒162-8601
 東京都新宿区神楽坂 1-3
 TEL : 03-5228-8224