Top


ノジマ マサシ
野島 雅  講師
東京理科大学 研究推進機構 総合研究院
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(21件)
レフェリー付学術論文(56件) | レフェリー付プロシーディングス(2件) | その他著作(23件) | 著書(7件) | 学会発表(179件) | 特許(1件)
研究室名 総合研究機構 野島研究室
トピックス

世界初の新たな質量分析装置の開発

専攻分野 マイクロビームアナリシス
研究分野 分析化学・機器分析
紹介

 ものづくりなしに、最先端の研究はない。これは、先代である二瓶好正教授がよく言われていたお言葉です。今の時代は、効率の時代です。いかに早く、目先に成果を上げるかに企業はもとより大学も躍起になっており、肝心のものづくりは等閑になっております。今後、中国・アジア諸国の台頭が加速していくと予測されるなか、私共日本人はこれからの日本人に何を伝え残していかなければならないのでしょうか?
 もう一度、ものづくりの立ち位置に戻り、我が国の国策としてものづくりを通した人材育成・日本独自のものづくりに立ち返る以外に生き残る道はないのではないでしょうか?

研究テーマ
  1. 物質先導選択型の新しい材料製造プロセス

     本研究は、材料製造プロセスにおけるイオンビーム形成において、元素選択を可能とします。元素選択が可能なイオンビーム形成は、任意の元素を含む溶液から電界スプレーイオン化(ESI)法によってイオン化し、目的とする元素を回転電場質量分析器(REF-MS)によって抽出することで達成します。目的とする元素を含むイオンビームは、イオン注入やイオンアシスト蒸着によって最終生成物質を形成し、物質上で特定の機能を発現することが可能です。

CLOSE