Top

English
カワハラ タカユキ
河原 尊之  教授
東京理科大学 工学部 電気工学科
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(12件)
レフェリー付学術論文(39件) | レフェリー付プロシーディングス(75件) | その他著作(16件) | 著書(4件) | 学会発表(106件)
連絡先 〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
メールアドレス
ホームページURL
出身大学
  • 1983年 九州大学 理学部 物理学科 卒業
出身大学院
  • 1985年 九州大学 理学研究科 物理学専攻 修士課程 修了
取得学位
  • 九州大学 博士(工学) 論文
研究経歴 1985-1991 高速BiCMOS DRAM開発
1991-1993 低電力DRAM開発 (低リーク電流回路、電荷再利用回路)
1993-1997 高速書換え・大容量フラッシュメモリ開発
1997-1998 生物規範型回路開発
1999-2003 システムLSI及びSRAM用超低電力CMOS回路開発
2003-2005 薄膜BOX構造FD-SOIを用いた低電圧メモリ・回路開発
2005-2007 ペタ級スーパーコンピュータ用低電力回路開発
2005-2011 スピン注入磁化反転メモリ(STT-RAM)開発とその応用展開
2010-2013 DNAシーケンサ用ナノポア及びISFET回路開発
2014-現在 サステナブル電子工学の研究
研究職歴 1985-1990 日立製作所中央研究所 企画員
1990-1996 同所 研究員
1996-1998 同所 主任研究員
1997-1998 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 客員研究員
1998-1999 日立製作所システムLSI開発センタ 主任技師
1999-2005 日立製作所中央研究所 ユニットリーダ(主任研究員)
2005-2014 同所 主管研究員
2014- 東京理科大学工学部電気工学科 教授
性別
生年月
研究キーワード サステナブル電子工学
研究分野
  • 電子デバイス・電子機器 (サステナブル電子回路・デバイス工学)
研究課題
  • ・超低消費電力人工知能(AI)素子・回路・システム ・環境/建築(インフラ)/生体を含めたセンサ情報処理域拡大とAIデータ解析手法、・スピン流応用(論理、メモリ、発電)
受賞
  • 2017年4月11日

    平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 開発部門

  • 2015年10月14日

    NVMTS 2015 Best Poster Award

  • 2014年9月24日

    エレクトロニクスソサイエティ賞

  • 2010年4月

    IEEE Service Award

  • 2009年11月

    山崎貞一賞

  • 2009年4月

    IEEE Service Award

  • 2007年1月

    IEEEフェロー

  • 2000年11月

    関東地方発明表彰山梨県知事賞

学会活動
  • 2017年5月~2018年3月

    米国電気電子学会(IEEE)産業用エレクトロニクスソサエティ(IES) IEEEフェロー評価委員会委員

  • 2016年5月5日~2016年5月5日

    5th International Symposium on Next-Generation Electronics セッション座長

  • 2015年4月~2016年2月

    米国電気電子学会(IEEE)国際固体素子回路会議(ISSCC) 学会の顧問・助言委員等

  • 2014年4月~2015年2月

    米国電気電子学会(IEEE)国際固体素子回路会議(ISSCC) 学会の顧問・助言委員等

  • 2013年4月~2014年2月

    米国電気電子学会(IEEE)国際固体素子回路会議(ISSCC) 学会の顧問・助言委員等

  • 2012年4月~2014年3月

    米国電気電子学会(IEEE)回路とシステムソサエティ(CASS) IEEEフェロー評価委員会委員

  • 2011年12月~2012年11月

    IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS) デモセッション委員会チェア

  • 2008年4月~2010年3月

    米国電気電子学会(IEEE)国際固体素子回路会議(ISSCC) 国際技術プログラム委員会Far East地域委員長

  • 2008年1月~2009年12月

    米国電気電子学会(IEEE)固体回路ソサエティ(SSCS) 特別招聘講師 (Distinguished Lecturer)

  • 2007年7月~2013年6月

    IEEE International Memory Workshop (IMW) Scientific committee member

  • 2005年4月~2007年6月

    IEEE Symposium on VLSI Circuits セクレタリ/広報

  • 2004年7月~2005年6月

    IEEE Symposium on VLSI Circuits 学生論文賞選定委員会チェア

  • 2004年4月~2010年3月

    米国電気電子学会(IEEE)国際固体素子回路会議(ISSCC) 幹事委員

  • 2000年4月~2007年2月

    米国電気電子学会(IEEE)国際固体素子回路会議(ISSCC) メモリサブコミッティ委員

  • 2000年4月~2003年2月

    米国電気電子学会(IEEE)国際固体素子回路会議(ISSCC) 将来技術(TD)サブコミッティ委員

客員教授
CLOSE