Top

English
ヤマモト タカヒロ
山本 貴博  准教授
東京理科大学 工学部 教養
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(21件)
レフェリー付学術論文(73件) | レフェリー付プロシーディングス(19件) | その他著作(15件) | 著書(10件) | 学会発表(443件)
連絡先 〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/takahiro/
http://www.rs.tus.ac.jp/takahiro/index_e.html
出身大学
出身大学院
取得学位
  • 東京理科大学 博士(理学) 課程
研究経歴 1997-2003 低次元磁性体の量子臨界現象と量子相転移の理論研究に従事
2003-現在 ナノ物質の非平衡電子・フォノン物性の理論研究に従事
2011-現在 エネルギー変換の物理、ナノ空間内の水の構造と物性、ナノ電子デバイスの理論研究に従事
研究職歴 200304-200503 科学技術振興事業団(現・科学技術振興機構) 研究員
200504-200808 東京理科大学理学部 物理学科 助手(2007年4月に助手から助教に配置換え)
200809-201103 東京大学大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 助教
201104-201503 東京理科大学工学部 教養 講師
201204-201503 東京理科大学大学院工学研究科 電気工学専攻 講師
201504- 東京理科大学工学部 教養/大学院 電気工学専攻 准教授
性別
生年月
研究キーワード
研究分野
  • ナノ構造化学 (ナノスケール物性理論、計算機シミュレーション物理)
  • 物性Ⅰ (メゾスコピック系、電子物性、フォノン物性)
研究課題
受賞
  • 2018年7月7日

    2017年度 東京理科大学 重点課題特別研究費 研究成果報告会 優秀賞

  • 2018年2月19日

    学校法人 東京理科大学 優秀研究者特別賞

  • 2015年6月6日

    第12回東京理科大学特定研究助成金(平成26年度)研究成果報告会 優秀賞

  • 2007年11月10日

    日本物理学会若手奨励賞

  • 2007年9月4日

    平成18年度電気学会優秀論文発表賞

学会活動
  • 2018年4月~2019年4月

    日本表面真空科学会 日本表面科学会 第3回関東支部講演大会 実行委員長

  • 2017年5月20日~2019年3月31日

    日本表面科学会 関東支部幹事役員

  • 2016年10月~2017年3月

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 第52回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム実行委員

  • 2016年8月~2018年7月

    日本表面科学会 データ駆動表面科学研究部会 副部会長

  • 2015年10月~2016年3月

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 第50回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム実行委員

  • 2015年5月20日~2017年3月31日

    日本表面科学会 広報委員

  • 2015年4月1日~2017年3月31日

    日本表面科学会 関東支部役員

  • 2015年3月~2016年1月

    ICOT2016(International Conference on Organic and Hybrid Thermoelectrics) 組織委員(Program Committee)

  • 2014年10月~2015年3月

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 第48回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム実行委員

  • 2014年4月1日~2016年3月31日

    日本物理学会 新著紹介小委員会委員

  • 2013年10月~2014年3月

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 第46回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム実行委員

  • 2013年9月1日~2015年3月31日

    日本伝熱学会 日本伝熱学会 特定推進研究「ナノスケール伝熱機能発現とその応用への展望」委員

  • 2012年10月~2013年3月

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 第44回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム実行委員

  • 2011年10月~2012年3月

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 第42回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン 総合シンポジウム実行委員

  • 2007年5月~2008年9月

    日本物理学会 領域7世話人

客員教授
CLOSE