Top


ニクニ テツロウ
二国 徹郎  教授
東京理科大学 理学部第一部 物理学科
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(17件)
レフェリー付学術論文(49件) | レフェリー付プロシーディングス(8件) | その他著作(8件) | 著書(4件) | 学会発表(144件)
研究室名 二国研究室
トピックス

専攻分野 理論物理学
研究分野 極低温量子気体の理論
紹介

近年、レーザー冷却などの技術を用いて、ルビジウムやナトリウムなどの中性原子の集団(極低温原子気体)を1μK(絶対零度よりも百万分の1度だけ高い温度)以下まで冷やすことが可能になりました。このような極低温の領域では原子は普通の粒子とはまったく異なる性質を持ち、量子力学的な波として振る舞います。数百万個の原子の集団が波として振る舞うと、ボース・アインシュタイン凝縮や超流動と呼ばれる現象が起こります。本研究室では、このように極低温原子気体が示す巨視的な量子現象を理論的に研究しています。

研究テーマ
  1. ボース凝縮気体の超流動ダイナミクス

  2. 極低温フェルミ原子気体の超流動現象

  3. 光格子中の極低温原子気体の量子相転移

CLOSE