Top

English
サクライ マサユキ
櫻井 雅之  講師
東京理科大学 研究推進機構 生命医科学研究所
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(30件)
レフェリー付学術論文(18件) | レフェリー付プロシーディングス(1件) | 著書(13件) | 学会発表(25件)
連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)  内線:6092
TEL : 04-7121-4054 (直通)
FAX : 04-7121-4039
メールアドレス
ホームページURL https://www.researchgate.net/profile/Masayuki_Sakurai
https://www.ribs.tus.ac.jp/index.php/institute/labforres/sakurailab/
https://www.researchgate.net/profile/Masayuki_Sakurai
出身大学
  • 2001年 東京大学 工学部 化学生命工学科 卒業
出身大学院
  • 2006年 東京大学 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 博士課程 修了
取得学位
  • 東京大学 博士 (生命科学) 課程
研究経歴 2001-2003 ミトコンドリアtRNAにおける核酸塩基編集の同定と機能解明.
2006-2010 アデノシン脱アミノ化によるイノシンへの核酸塩基編集部位同定技術の開発と網羅的同定による機能解明.
2010-2014 RNA編集酵素とRNAi機構の相互作用機構の解明.
2014-2018 RNAアデノシン脱アミノ化イノシン編集酵素による細胞ストレス応答時の機能解明.
2018- 哺乳動物における疾患と関与する内在性ゲノムDNA及びRNA編集機構の分子病態解明.
研究職歴 200604-201003 社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC) 研究開発本部機能性RNAプロジェクト 特別研究職員
201004-201103 米国ウィスター研究所 (ペンシルヴァニア州フィラデルフィア) Gene Expression & Regulation Program, Nishikura Lab. ポスドク
201004-201203 米国ウィスター研究所 (ペンシルヴァニア州フィラデルフィア) Gene Expression & Regulation Program, Nishikura Lab. 日本学術振興会 海外特別研究員
201104-201512 米国ウィスター研究所 Gene Expression & Regulation Program, Nishikura Lab. Staff Scientist
201601-201709 米国ウィスター研究所 Gene Expression & Regulation Program, Nishikura Lab. Senior Staff Scientist
201710-201803 米国ウィスター研究所 Gene Expression & Regulation Program, Nishikura Lab. Research Assistant Professor
201804-202003 東京理科大学 生命医科学研究所 分子病態学部門 櫻井研究室 専任講師
201804- 東京理科大学 総合研究院 ヒト疾患モデル研究センター (兼任) 専任講師
201904- 東京理科大学 総合研究院 核酸創薬研究部門 (兼任) 専任講師
202004- 東京理科大学 生命医科学研究所 生体運命制御部門 櫻井研究室 専任講師
202004- 東京理科大学 総合研究院 生物環境イノベーション研究部門(兼任) 専任講師
性別
生年月
研究キーワード 生体運命制御部門 ゲノムRNA編集病態学
研究分野
  • 生物分子化学 (RNA&DNA塩基修飾/エピトランスクリプトミクス/エピジェネティクス)
  • ケミカルバイオロジー (新規DNA&RNA修飾塩基検出及び精製法と活性制御薬剤開発)
  • ゲノム生物学 (DNA&RNA塩基修飾と構造編集による細胞運命制御機構解明)
  • システムゲノム科学 (機能性RNA/RNA依存DNA制御機構/ゲノムホメオスタシス)
  • 分子生物学 (分子病態学/RNA生物学/RNA&DNA編集/分子細胞生物学)
  • 細胞生物学 (塩基編集/DNA損傷/DNA修復/細胞周期)
  • 進化生物学 (RNA編集とウイルスの生存適用共進化)
  • 病態医化学 (がん化機構/分子炎症惹起機構/遺伝性疾患/獲得免疫分子機構)
  • ウイルス学 (RNA編集による抗ウィルス機構/人為的ウィルスゲノム編集破壊)
研究課題
受賞
  • 2017年2月10日

    METHODS OF THE YEAR 2016, Nature Methods volume 14, pages 23–31 (2017)

学会活動
  • 2019年7月1日~2019年8月1日

    日本RNA学会 年会プログラム委員

客員教授
CLOSE