企画展 『坊っちゃん』とその時代
-明治期の科学者と夏目漱石の交友を探る-

当館では年に数回、特別企画展示を開催します。ここでは本学で遂行されている優れた研究や、注目されているサイエンスなどをわかりやすく紹介します。最新の科学に触れることができる、大学ならではの展示です。

『坊っちゃん』とその時代-明治期の科学者と夏目漱石の交友を探る-

2016年 6月23日(木) ~ 8月10日(水) 開催

本学の前身の「東京物理学校」は、明治14(1881)年に東京大学を卒業間もない若き21名の理学士らにより創立されました。 創立者たちは、「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」と建学の精神を掲げ、理学の普及運動を推進しました。

夏目漱石は、当時の創立者たちと親交があり、彼の代表的小説「坊っちゃん」の主人公を物理学校卒業生としました。 夏目漱石の生涯をたどり、彼と交流のあった科学者を紹介しながら文学作品の中の科学実験についても紹介します。

チラシはこちら(PDF)をご覧ください。

創刊号
坊っちゃん展のチラシ
主催:東京理科大学近代科学資料館
展示協力:県立神奈川近代文学館/公益財団法人神奈川文学振興会/熊本県
熊本市/熊本大学五高記念館/高知県立文学館/新宿区
公益財団法人新宿未来創造財団 新宿歴史博物館/松山市立子規記念博物館

関連イベント


企画展「『坊っちゃん展』坊っちゃんとその時代」に関連して、下記のイベントを開催いたします。


◆科学実験解説
 日時:7月2日(土),9日(土),16日(土),23日(土) 13:30~ 
 会場:近代科学資料館2F企画展示室

◆サイエンス・カフェ「漱石と科学」
 日時:7月30日(土) 14:00~15:00
 講師:早稲田大学社会学科総合学術院 教授 小山慶太 
   ※事前申込制・詳細は後日お知らせいたします。