Top


カネマツ マナブ
兼松 学  教授
東京理科大学 創域理工学部 建築学科
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(22件)
レフェリー付学術論文(134件) | レフェリー付プロシーディングス(58件) | その他著作(391件) | 著書(35件) | 学会発表(35件) | 特許(21件)
研究室名 兼松研究室
トピックス

専攻分野 建築材料学、コンクリート工学
研究分野 メンテナンス、環境側面、耐久性
紹介

日本の高度成長の原動力となった建築物は、現在その多くが維持更新の時期を迎えつつあり、いかにそれらをメンテナンスし耐久性を高め、かつ環境に配慮しながら持続再生していくかが大きな課題となっています。私の研究室では、建築物の耐久性を精緻に予測するシミュレーション技術や、その維持管理戦略に関する研究に加え、21世紀の大きなテーマである建築物の環境側面に関する問題について、建築材料学的視点から研究しています。建築材料学は社会のさまざまな分野に通ずる守備範囲の広い学問です。

研究テーマ
  1. 建築物の耐久性および維持保全に関する研究

  2. 建築材料に関わる資源循環および環境評価

  3. 中性子利用技術の建築分野への応用

CLOSE