Top


フルイチ テイイチ
古市 貞一  教授
東京理科大学 理工学部 応用生物科学科
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(30件)
レフェリー付学術論文(144件) | その他著作(47件) | 著書(17件) | 学会発表(357件)
研究室名 分子神経科学研究室
トピックス

1)ニューロン・シナプス・神経回路の発達に関連する遺伝子の探索と機能解析
2)神経栄養因子の分泌異常などをもつ疾患モデル動物を用いた脳発達と行動障害に関する研究
3)小脳皮質神経回路の発達に関わる遺伝基盤のニューロインフォマティクス(神経情報科学)

専攻分野 分子神経学、神経情報科学
研究分野 脳の発達とその障害の分子・神経基盤の研究、脳発達遺伝子のデータベース開発
紹介

心や行動を生み出す脳の複雑で精緻な神経ネットワークは、どのようにして発達し機能するのでしょうか。本研究室では、脳の正常な発達と記憶や認知などの脳機能、およびその異常によって生じる精神神経疾患について、遺伝子やタンパク質などの分子レベルから遺伝子改変マウスモデルなどを利用した行動レベルまで、多次元で異分野融合型の研究アプローチを駆使することで研究しています。また、脳遺伝子発現データベースの開発をはじめとする神経情報科学の研究も行っています。

研究テーマ
  1. シナプスや神経回路の発達と機能に関連する遺伝子機能と細胞動態の研究

    (1)分泌関連因子CAPSファミリーによる有芯小胞を介した脳由来神経栄養因子BDNFをはじめとする神経調節因子の分泌促進作用と、シナプス・神経回路の発達や社会性行動などにおける機能的な役割  
    (2)脳特異的Rasグアニンヌクレオチド交換因子のvery-KINDやチロシンキナーゼシグナル伝達分子のアダプターp130Casなどによる神経突起伸長の制御  
    (3)興奮性シナプス後肥厚部の足場タンパク質Cupidin/Homer2のシナプスの発達と形態変化における役割  
    (4)脳・神経回路の発達と機能に関連する新規遺伝子の探索  
    (5)マウス小脳神経回路の発達に関わるトランスクリプトーム(全遺伝子転写)基盤の神経情報科学
       Cerebellar Development Transcriptome Database
       CDT-DB http://www.cdtdb.neuroinf.jp

    研究室HP http://www.lmn.bs.noda.tus.ac.jp/

  2. 精神神経疾患マウスモデルを利用した疾患発症機序の研究

  3. 脳遺伝子発現のデータベース化とニューロインフォマティクス研究

研究室メンバー
  1. 教授 古市 貞一 FURUICHI Teiichi
  2. 嘱託助教 佐野 良威 SANO Yoshitake
  3. 客員研究員 仙波 リツ子 SEMBA Ritsuko
  4. 博士課程 1年 石井 千晶 ISHII Chiaki
  5. 修士課程 2年 石井 佑季 ISHI Yuki
  6. 修士課程 2年 鈴木 律子 SUZUKI Ritsuko
  7. 修士課程 2年 鳴海 陽介 NARUMI Yosuke
  8. 修士課程 1年 雨宮 菜月 AMEMIYA Natsuki
  9. 修士課程 1年 柴野 奈津美 SHIBANO Natsumi
  10. 修士課程 1年 清水 一貴 SHIMIZU Kazuki
  11. 修士課程 1年 水野 翔太 MIZUNO Shota
  12. 学部生 4年 岩井 寿樹 IWAI Toshiki
  13. 学部生 4年 加藤 優奈 KATO Yuna
  14. 学部生 4年 露崎 美穂 TSUYUSAKI Miho
  15. 学部生 4年 藤間 秀平 FUJIMA Shuhei
  16. 学部生 4年 山崎 実緒 YAMAZAKI Mio
  17. 学部生 4年 大和 綾巳 YAMATO Ami
  18. 学部生 4年 真庭 梨奈 MANIWA Rina
  19. 学部生 4年 北越 開陽 KITAKOSHI Kaiyoh
  20. 学部生 4年 阿部 こなみ ABE Konami
CLOSE