Top


シマダ ヒロアキ
島田 浩章  教授
東京理科大学 基礎工学部 生物工学科
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(25件)
レフェリー付学術論文(127件) | レフェリー付プロシーディングス(23件) | その他著作(139件) | 著書(36件) | 学会発表(706件) | 特許(2件)
研究室名 島田研究室
トピックス

コメの生産性を制御する上位の制御因子FLO2を発見し、その機能を解明した。FLO2はコメに含まれるデンプンやタンパク質の生合成に関わる多くの遺伝子の働きを統御する因子であり、この能力が高まるとコメの生産性も向上する。また、地球温暖化とそれにともなう夏期の熱帯夜続出によるイネの高温障害の原因は、未熟な種子でのATPの不足が原因であり、その量的な制御にもFLO2が関わっていることを明らかにした。この成果は、2010年10月に電子出版されたPlant Cell (online)およびPlant Biotechnology誌に発表した。論文はhttp://www.plantcell.org/cgi/content/abstract/tpc.109.070821v1から閲覧することができる。

専攻分野 植物分子生物学
研究分野 分子生物学、分子遺伝学、分子育種
紹介

地球上のすべての生物は植物に依存しています。私たちは植物バイオマスの生産性を決める遺伝子や、環境ストレス応答に関与する遺伝子についての研究をしています。また、植物に有用遺伝子を導入することで、医薬材料や工業原料を生産する方法の開発を行っています。温室効果ガスの排出抑制の鍵は植物バイオマスを有効利用することです。植物の機能を遺伝子レベルで詳細に解明し、これを高度利用することにより、循環型で持続的安定的な未来社会が構築できると考えています。

研究テーマ
  1. 植物の遺伝子発現の制御機構の解析

  2. 植物のバイオマス生産性に関与する遺伝子の解析

  3. 植物を利用した物質生産法(分子農業)の確立

  4. ゲノム編集技術の改良と分子育種

研究室メンバー
  1. 教授 島田 浩章 SHIMADA Hiroaki
  2. 助教 寺村 浩 TERAMURA Hiroshi
  3. 博士課程 3年 小野寺 瞳 ONODERA Hitomi
  4. 博士課程 2年 鈴木 麟太郎 SUZUKI Rintaro
  5. 博士課程 2年 鵜飼 優子 UKAI Yuko
  6. 博士課程 2年 大沼 万里子 OHNUMA Mariko
  7. 博士課程 2年 三ツ橋 知沙 MITSUHASHI Chisato
  8. 修士課程 2年 荒木 優也 ARAKI Yuya
  9. 修士課程 2年 白石 真也 SHIRAISHI Masaya
  10. 修士課程 2年 高橋 佳那 TAKAHASHI Kana
  11. 修士課程 2年 田向 良子 TAMUKAI Ryoko
  12. 修士課程 2年 古澤 純 FURUSAWA Jun
  13. 修士課程 2年 和食 麻衣 WAJIKI Mai
  14. 修士課程 2年 和田 千紗都 WADA Chisato
  15. 修士課程 1年 朝日 貴大 ASAHI Takahiro
  16. 修士課程 1年 石田 卓也 ISHIDA Takuya
  17. 修士課程 1年 鎌田 まなか KAMADA Manaka
  18. 修士課程 1年 山口 朋子 YAMAGUCHI Tomoko
  19. 修士課程 1年 本間 大知 HOMMA Daichi
  20. 修士課程 1年 本田 千佳 HONDA Chika
  21. 修士課程 1年 新宮 沙絵子 SHINGU Saeko
  22. 修士課程 1年 佐藤 野乃花 SATO Nonoka
  23. 学部 4年 相原 勇吹 Aihara Ibuki
  24. 学部 4年 内山 航人 Uchiyama Minato
  25. 学部 4年 大久保 雪乃 Okubo Yukino
  26. 学部 4年 大久保 洋 Okubo Yo
  27. 学部 4年 小早川 隆太 Kobayakawa Ryuta
  28. 学部 4年 斎藤 慶和 Saito Yoshikazu
  29. 学部 4年 福井 美帆 Fukui Miho
  30. 学部 4年 松下 亮子 Matsushita Ryoko
  31. 学部 4年 両角 燎 Morozumi Ryo
  32. 学部 4年 山際 千晶 Yamagiwa Chiaki
  33. 学部 4年 吉田 真希夫 Yoshida Makio
CLOSE