Top

English
シン チヤンゴン
愼 蒼健  教授
東京理科大学 工学部 教養
プロフィール | 研究室紹介 | 担当授業(18件)
レフェリー付学術論文(6件) | レフェリー付プロシーディングス(5件) | その他著作(29件) | 著書(17件) | 学会発表(70件)
連絡先 〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
メールアドレス
ホームページURL https://sites.google.com/site/sengokagakushi/home
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/e1kyo/staff.html
出身大学
  • 1990年 早稲田大学 理工学部 電気工学科 卒業
出身大学院
  • 1992年 東京大学 理学研究科 科学史・科学基礎論専攻 修士課程 修了
  • 1996年 東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系 博士課程 単位取得満期退学
取得学位
  • 東京大学 修士(理学) 課程
研究経歴 2004-2005 研究代表「植民地期朝鮮における東洋医学と西洋医学の相克」(科研費・基盤C)
2005-2009 分担者「日本植民地期の帝国大学の科学技術史的観点からの研究」(科研費・基盤A)
2006-2008 研究代表「植民地期朝鮮における医学研究の歴史的考察」(科研費・基盤C)
2009-2011 研究代表「植民地期朝鮮における治療の社会史的考察」(科研費・基盤C)
2010-2012 連携研究者「近現代の日本における医療の構造変化と歴史の重層」(科研費・基盤A)
2012-2013 研究代表「近代朝鮮医学史研究への日本宣教医療という視点の導入」(科研費・挑戦的萌芽)
2012-2015 「帝国日本のアジア地域における人類学・衛生学調査に関する歴史研究」(日本大学経済学部中国・アジア研究センター・研究プロジェクト)
2012-2015 研究代表「帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究」(科研費・基盤A)
2015-2016 研究代表「近代朝鮮における身体障害者の包摂と排除に関する医学史研究」(科研費・挑戦的萌芽)
2016-2019 研究代表「戦後日本の海外技術援助・協力に関する科学技術史研究」(科研費・基盤B)
2017-2020 分担者「20世紀日本の長期療養型疾患の歴史―ハンセン病・精神疾患・結核の比較統合的検討」(科研費・基盤A)
2020-2022 研究代表「医学論・生命論の日本主義的展開:戦時期日本の生理学、臨床医学、漢方医学の連携」(科研費・基盤C)
研究職歴 199609-200303 東京工芸大学芸術学部 講師(非常勤)
199610-200303 千葉大学普遍教育 講師(非常勤)
2000-2001 青山学院女子短期大学教養学科 講師(非常勤)
2002-2003 東京農工大学 講師(非常勤)
200304-200703 東京理科大学工学部第一部教養 講師
2004-2011 早稲田大学教育学部 講師(非常勤)
200404- 明治大学情報コミュニケーション学部 講師(兼任)
2005-2006 同志社大学現代アジア研究センター 嘱託研究員
2005-2006 東京大学教養学部 講師(非常勤)
200604-200703 東京理科大学大学院理学研究科理数教育専攻 講師
200704-200903 東京理科大学大学院理学研究科理数教育専攻 准教授
200704-201303 東京理科大学工学部第一部教養 准教授
200804- 明治大学大学院情報コミュニケーション研究科 講師(兼任)
200904-201303 東京理科大学大学院科学教育研究科科学教育専攻 准教授
201304-201603 東京理科大学工学部第一部教養 教授
201304-201703 東京理科大学大学院科学教育研究科科学教育専攻 教授
201304- 国際日本文化研究センター 共同研究員
2014-2015 京都大学大学院教育学研究科 非常勤講師
201604- 東京理科大学 工学部教養 教授
201704- 東京理科大学 大学院理学研究科科学教育専攻 教授
性別
生年月 1964年8月
研究キーワード 科学史、医学史
研究分野
  • 科学社会学・科学技術史 (科学史、東アジア医学史)
研究課題
  • 医学論・生命論の日本主義的展開:戦時期日本の生理学、臨床医学、漢方医学の連携
  • 戦後日本の海外技術援助・協力に関する科学技術史研究
  • 近代朝鮮における身体障害者の包摂と排除に関する医学史研究
  • 帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究
  • 近現代の日本における医療の構造変化と歴史の重層
  • 近代朝鮮医学史研究への日本宣教医療という視点の導入
  • 植民地期朝鮮における治療の社会史的考察
  • 日本植民地期の帝国大学の科学技術史的観点からの研究
  • 植民地期朝鮮における医学研究の歴史的考察
受賞
  • 2009年2月27日

    いのちの輝き実践研究奨励賞

学会活動
  • 2019年7月~2021年6月

    大韓醫史學會 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2019年1月~2019年8月

    国際東アジア科学技術医学史学会 第15回国際東アジア科学史会議・国際プログラム委員会委員

  • 2019年1月~2020年12月

    韓国近現代史学会 学会理事等

  • 2017年8月~2019年7月

    大韓醫史學會 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2017年6月~2019年6月

    日本科学史学会 学会理事等

  • 2015年8月~2017年7月

    大韓醫史學會 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2012年8月~2015年7月

    大韓醫史學會 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2012年1月~2012年12月

    アジア医学史学会 運営委員

  • 2011年6月~2013年6月

    日本科学史学会 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2010年8月~2012年7月

    大韓醫史學會 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2009年6月~2011年6月

    日本科学史学会 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2009年6月~2011年6月

    日本科学史学会 学会理事等

  • 2007年6月~2009年6月

    日本科学史学会 学会理事等

  • 2007年6月~2009年6月

    日本科学史学会 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2005年6月~2007年6月

    日本科学史学会 学会理事等

  • 2005年6月~2007年6月

    日本科学史学会 学会誌及び論文誌の編集者

  • 2005年4月~2008年3月

    財団法人 朝鮮奨学会 学会誌及び論文誌の編集者

客員教授
CLOSE