「科学のマドンナ」プロジェクト with Mind the Gap
サイエンスワークショップ@Google

  • 高校生

開催報告(2018/3/27)

3月27日(火)、「科学のマドンナ」プロジェクトwith Mind the Gap―サイエンスワークショップ@Googleを、グーグル日本法人(東京都港区六本木)で開催し、女子中高生約70名にご参加いただきました。

本イベントは、グーグルが行っているソフトウェアエンジニアの仕事の魅力を女子中高生に伝える取り組み「Mind the Gap」と協力して開催するイベントで、昨年に引き続き2度目の開催となります。

まず始めに行われたグーグルオフィスツアーでは、グーグル社員の案内のもと、参加者たちが数グループに分かれてグーグル内を回り、社員の働く様子やグーグルならではの展示などを見学しました。
続いて行われた講演会では、グーグルソフトウェアエンジニアの浜田 玲子さんが、自身の仕事内容や情報分野で働くことの楽しさなどについて語りました。浜田さん含む3名の女性エンジニアとの質疑応答では、参加した中高生たちから次々に質問が挙がりました。
また、イベントの終盤では、本学理学部第一部 応用数学科の女子学生5名のレクチャーのもと、参加者がガイドライン資料を見ながら実際にプログラムを作るプログラミングワークショップを行いました。

参加者の中高生からは、「IT業界で働くイメージが沸いた」、「はじめは難しそうだと思ったが、ガイドラインに沿ってプログラムを作ることができて楽しかった」、などの感想があり、情報科学分野やプログラミング技術に関する理解を深めることができたようです。

2018_madonna_Google
2018_madonna_Google

▲クリックで拡大します

東京理科大学では、「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」という建学の精神のもと、より多くの女子中高生の理系に対する意識を高め、理学のさらなる普及を目指した「科学のマドンナ」プロジェクトを実施しています。 今回も昨年に引き続きMind the Gapと協力し、「情報科学」をテーマに、数理情報分野やプログラミング技術に興味を持つ女子高校生を対象とした「サイエンスワークショップ」を開催します。Googleで活躍する女性エンジニアの講演会や、理学部第一部 応用数学科の現役大学生がレクチャーするプログラミング体験など、理系の先にある具体的な未来をイメージできる企画を実施します!

イベント内容

titleicon_calendar開催概要

日時 2018年3月27日(火) 15:00〜17:30(14:30受付開始)
場所 グーグル合同会社(東京都港区 六本木ヒルズ 森タワー)
対象 女子高校生 70名程度 ※保護者様はご参加いただけません。
参加費 無料(現地までの交通費は参加者負担)
申込締切 2018年3月9日(金)先着順 ※定員になり次第締切 ※定員に達したため、申し込みを締め切りました。

titleicon_bookプログラム内容

時間 内容
14:30~14:50 受付・会場案内
14:50~15:00 イベント紹介・Google内での注意事項
15:00~15:10 アイスブレーキング(生徒同士の自己紹介と学生の自己紹介等)
15:10~15:40 グーグルオフィスツアー
15:40~16:00 グーグル女性エンジニアによる講演会
16:00~16:20 質疑応答
16:20~16:30 休憩・研究ポスター展示等
16:30~17:30 本学学生によるプログラミングワークショップ
17:30~ 解散

交通アクセス

titleicon_train交通アクセス

グーグル合同会社 (東京都港区 六本木ヒルズ 森タワー)

〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 ・東京メトロ日比谷線 「六本木駅」駅下車、 徒歩6分 ・都営大江戸線 「六本木駅下車」、 徒歩7分